「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第8話

第8話「ジャンクション」
オノゴロ島に入港するミネルバ。
「面倒なもので帰国される」と、オーブの皆さん。
「冷たくあしらうわけにもいきますまい…今は」
『今は』というのが、後にザフトと戦うという暗示ですね。

ユウナ氏登場。
抱きつかれてお困りの姫様。
キレイ事の挨拶の間、火花を飛ばすユウナvsアスラン。
ブース内には、マリューさん&虎が…。

オーブは、大西洋連邦と同盟へ。
プラント憎し…への流れは止められない模様。
各地の様子が映され…前話ではザフトが救援活動していたはずなのに、その姿は無し?
身の危険を感じて引き上げてしまったのでしょうか???

新旧艦長ご対面~!
この時、アーサーがなぜかうろたえる…。
マリューさんの正体、タリアは知らないけど、アーサーは知ってたってことですか?
(それとも単にアーサーの好み…巨乳…なのか?)
マリューさんの隣にはマードックさんも…(嬉)。
なんとなく意気投合しているタリア&マリュー。

そういえば、マリューさんも改名してました。
アスランもそうですが、オーブにいるのに偽名を使う必要があるのだろうか?
…もしや細木数子に何か言われての改名か?

上陸許可が出そうだという噂に浮き立つ、ミネルバの若手クルーたち。
そんなことには興味無さそうなレイ。

カウンタックみたいなスポーツカーで、アスラン・ザラ出る!
海岸を走るアスラン、キラを発見。
車を止めると…子供たちにもモテモテのアスラン。

子供たちはラクスが引き受け…キラ&アスラン、2ショットでドライブ。
「あの時、俺聞いたよな?やっぱりこのオーブで」
「うん」
「『俺たちは、本当は、何とどう戦わなきゃならなかったんだ?』って」
「うん」
「そしたら、お前言ったよな?『それもみんなで一緒に探せばいい』って」
「うん」
「でも、やっぱりまだ見つからない」
この言葉だけだと、まだ悩んでいる風のアスランの発言ですが…。
たぶん、ここでキラに話すことで、自分なりに方向性を見つけた模様。

「俺はプラントに行ってくる」
カガリに告げるアスラン。
「アスラン・ザラとしてでも、アレックスとしてでも」
体面にこだわらず、出来ることをする!…カッコいいぞアスラン。
そして、出発のどさくさに指輪を渡す。
お互い赤面して…初々しいふたり…でもチューはします。

上陸許可出たのに、艦内で射撃練習するシン。
そこに来るレイ。
さりげなくシンの背中を押す…さすがリーダー。
そういうあんたは上陸しないのか?レイ!

上陸したシンは、慰霊碑の前でキラと出会う。
「せっかく花が咲いたのに、波をかぶったからまた枯れちゃうね」
「ごまかせないってことかも。いくらキレイに花が咲いても人はまた吹き飛ばす」
そこへ、のほほんと歌いながらラクス登場!
「何だこいつ?変な女」と思ったか?…シン退場。
新旧主役対決は、まだほんのご挨拶といった所か?

行政府では、「連合がついに宣戦布告」の知らせ。

再び、慰霊碑前。
シンを見送った、キラとラクス…で終了。

次回「驕れる牙」
プラントの平和、守り抜け、ゲイツ!
…いや、ゲイツじゃ無理だからザクが投入されたんでしょう(笑)。
いよいよ本格開戦のようです。

以下は、前話までの内容や、他のブログでの意見等も加味した上での雑記です。

【ザクによる大気圏突入】
ストライクで大気圏突入したキラが高熱を発したことを根拠に、
ザクでの大気圏突入に違和感を持たれた方も多いようです。
大気圏突入能力を持つMSは、GATシリーズが初。
スペック上機体が耐えられても、中の人間が耐えられるかは疑問視されていました。
…で、案の定キラは熱を出す(この時は精神的ダメージの影響もあったかも)。
その後、フリーダムに乗ったキラは難なく大気圏突入(病み上がりなのに)。
しかもピンポイントでアークエンジェルの前に舞い降りるという離れ業を演じています。
もちろんキラの操縦技術もあってのことでしょうが、フリーダムにおいては
パイロットを保護するような改良がなされていたと考えるのが妥当でしょう。
「ザク」は、さらにフリーダムの後継…核動力搭載を前提に設計された機体だそうです。
ユニウス条約に則って核の搭載は見送られたものの、相当の高性能と見て良いでしょう。
なので、ザクでの大気圏突入は、何ら問題ないのです。
つい「ザク」のくせに…と思ってしまうのは、宇宙世紀の名残ですね。

【へたれカガリ】
これまで、カガリが必要以上に頼りなく描かれていましたが、この理由として…。
 1.後に為政者として成長を見せるための伏線。
 2.妊娠中。
 3.政治は他の人に譲り、再び前線で戦うための伏線。
一時期、もっぱら2かな…と思っていましたが、最近3の可能性が強いように思えて来ました。
今の流れでは、オーブにいても事態を変えられないと悟ったカガリが、
有志(あの人たち)とともにオーブを離脱(ヤマト発進!?)…するのかもしれない。
マリューさんと虎で船の調達、ダコスタ君は各地で情報収集など…水面下では密かに動いているかもしれませんし…。キラとラクスが慰霊碑を訪れたのも、旅立ちに向けてのけじめとも受け取れます。
そうなった時にカガリも合流し、オーブのためではなく世界のために戦う…というのもアリでは?
そういう大義はさておき、オーブのわからず屋政治家たちを相手にしてたら、カガリきっとブチ切れて飛び出しそうな気が…。

【ルナマリアのアスランへの思い】
私が思うに、ルナマリアは以前から「英雄」アスランに憧れていたのではないかと…。
自分のザクを赤くしたのも、アスランにあやかったのかもしれません。
そして、突然目の前に実物のアスランが現れ、どうしていいかわからない部分と、
つい好きな人をいじめてしまう…子供っぽい部分が合わさった上での、あのような態度。
そんな所も、若者らしくていいなぁ…なんて。

だいたいみんな、カガリがへたれだの、ルナマリアが屈折してるだの…
バッシングしすぎじゃないですか?
主要登場人物は、まだ十代の若者なんだし、暖かく見守ってあげようよ。
私なんか、もし自分があの状況に放り込まれたら…、
たぶんシェルターで震えてるだけの一般市民、にしかなれないと思います。

【偽ラクス】
デュランダル議長の脇にいた、ラクスのシルエット。
腹黒の議長が何かの意図で、使おうとしている…のだろうか?
…私とて、議長のキレイ事発言が全てとは思っていませんが…
腹黒と言ったら、ラクスの方が上手ではないかと思うんですよね。
なので、あれはラクスが自ら送り込んだ影武者…。
もしくは、議長が用意したものだとしても、後に裏切ってラクスに付くのではないかと…。

第7話最後のセリフを、ラクス腹黒の前提で翻訳すると…。
組長:「嵐が来るのですね(あいつら、またウチの島を荒らしに来やがったな)」
若頭:「うん、わかってる(安心してくだせえ、組長!これ以上何かしやがったら、
    あっしが黙っちゃおりやせん!)」
やっぱり、最後に勝つのはクライン一家でしょう(笑)。

【追記1】
細木先生ネタが予想以上にウケてしまいました(嬉)。
「マサルのつぶやき」管理人さんがコメントの中で、
アスランと細木先生の会話を作ってくれました。マジでありそうで…怖いかも。

【追記2】
オーブが大西洋連邦寄りに傾いた原因について、なんとなく、
ストーリー進行の都合上、とか、一部政治家の個人的癒着、などと思ってしまったのですが…。
良く考えてみると、前の戦争でアズラエル率いる連合軍に攻められ、
マスドライバーとモルゲンレーテは破壊、軍は宇宙へ脱出。
そしてオーブの国土は連合(大西洋連邦主導)の占領状態になったと思われます。
ウズミら強硬中立派はすでに亡く、占領下の臨時政府が置かれたでしょうし、
大西洋連邦寄りの政治家が増えたのは自然の流れなのでしょう。
カガリが国家元首(お飾りとはいえ)に返り咲いた経緯はどうなんでしょうね?
とりあえず、平和ボケ中立主義→アメリカの言いなり…仮想日本であることは確かですね。

【追記3】
アスランの車…無知な私はカウンタックみたいなんて書きましたが…。
あれは、サイバーフォーミュラに出てた車らしいです。
…監督のちょっとした遊び心なのでしょう。
アスランがカーマニアなのは良いとして…ボディガードって、そんなに給料いいのか?
それとも公用車?…税金の無駄遣いはダメですよ。

種っ子倶楽部DESTINY
↑SEEDファンサイトを改装しました。
ガンプラ写真や、前話までの感想など、まとめて置いてあります。
併せてご覧いただければ幸いです。

BGM: 兄弟仁義 by 北島三郎
スポンサーサイト

拍手する

コメントの投稿

Secret

Unknown

トリカゴのひなのです。
「カガリの元にもどってくるよ」だったら、なんてうっとりな・・・!
アスラン、不器用だから(笑)
でも、現状のふたりを見る限り、辛いなあって思って。
何かが変わるといいですね。
偽ラクスのコメントとか、笑ってしまいました。
ラクスは、優しげなのですが、それだけじゃないですよね。

こんにちは。

今回も見所満載でしたね!

>それとも単にアーサーの好み…巨乳…なのか?)
私は美人で巨乳のマリューさんにでれ~~となったものとばかり思っていました!(笑)

>…もしや細木数子に何か言われての改名か?
タイムリーですね~(笑)アスランも一応相談しにいったんでしょうか。^^;


>議長が用意したものだとしても、後に裏切ってラクスに付くのではないかと…。
これいいですね~~ラクスのクローンだったとしたら腹黒さも受け継いでますよね。転がされてるのはデュランダルか?!(笑)

あはは

…もしや細木数子に何か言われての改名か?


これ、面白かった。
ここに話を持っていくかー、うまいなあ。

カガリは確かに若いですもんね、どうも、言い負かされてるシーンが多いのでかなりマイナスポイントになってますね。

Unknown

コメント&TBありがとうございました☆
新旧艦長の対面はなかなか見応えがありました。
艦長としてはいまいちだったマリュ-と有能な艦長タリアは対比関係にあるはずなのに意外とウマが合うようで(笑)。

この2人は男運が悪いという面では共通しているかもしれませんけど。
ちなみに、アーサーはマリュ-の巨乳に驚いたのでしょうw その気持ちは分かりますけど(笑)。

トラバありがとうございます。

諸事の理由で種デスを見れなかった
間抜けな私でも理解が深まった感想を
どうもありがとうございました。
どうやらシンがあまりしゃべらなかった
ようで(笑)。はやく主人公らしさを見たいですね。

コメント感謝!

ひなのさん>
> 「カガリの元にもどってくるよ」だったら、なんてうっとりな・・・!
あの指輪にはアスランの思いがこめられているので、長い別れにはなるでしょうが、きっと再会できると思います。

> 偽ラクスのコメントとか、笑ってしまいました。
ありがとうございます。やっぱり一番の親分はラクスだと思うので…(笑)。

martianさん>
はい、やっぱりデュランダルよりはラクスの方が強いでしょう。
密かに、マリューさん&虎で船の準備、ダコスタ君は各地で情報収集…いつでも事を起こせるように準備が進んでいると思われます。

一馬さん>
わーい!ウケた。
基本的にうちのブログは、真面目な考察よりも○○だったら面白いのに…を重視でやってますので、そう言ってもらえると嬉しいです。

いいちこさん>
新旧艦長…やはり同じような苦労をした者どうし、通じるものを感じたのでしょうね。
しかし、それほどまでに凄い巨乳なのか?一体何カップなのやら?

samu_zuさん>
見れなかったのはお気の毒ですが、ここで粗筋だけでも楽しんでいただけたら幸いです。
シンは少しずつですが、キャラが立ち始めているようなので、今後に期待して良いと思います。

TBありがとうございます

アーサーですがマリューに見惚れて鼻を伸ばしていたところをタリアが腕を強くつかんだので狼狽えてたようです。
しかし、そのタリアはアーサーの方を見ていません。女性の感なのかアーサーの性格を把握しているのでしょうか。
そして、その光景を後ろからみていたマッドはひやりと汗を流しています。

はじめまして

TBありがとうございました。

>「ザク」は、さらにフリーダムの後継

へぇ~、そんな設定があったんですか。全然知りませんでした。でもあの無骨なデザインのザクがフリーダムの後継機とはねぇ・・・。デザイン的にそれってどうなのよ?って感じです。

>(カガリ)妊娠中

これまた初耳な設定ですね(笑)。まぁ、可能性は皆無じゃないでしょうが、カガリが妊娠中だと、ユウナとアスランとカガリの3人のグダグダ恋愛関係みたいな話になりそうなので、この設定は出来れば勘弁願いたいところです。

>私なんか、もし自分があの状況に放り込まれたら

私があの状況に放り込まれたらSEEDのカズイみたいになると思います。カズイはSEEDではヘタレの代名詞みたいなキャラでしたが、ある意味一番リアリティのあるキャラだったと思いますからね。私は戦場に放り込まれたらたぶんあんな感じになると思います。

TBありがとうございます♪

>第7話最後のセリフを、ラクス腹黒の前提で翻訳すると…。
組長:「嵐が来るのですね(あいつら、またウチの島を荒らしに来やがったな)」
若頭:「うん、わかってる(安心してくだせえ、組長!これ以上何かしやがったら、
    あっしが黙っちゃおりやせん!)」

おもしろい、面白すぎます(>▽<)
ラクス大好きですけどね。腹黒な感じはしますよね、何故か。
やっぱり前作で一番うまく立ち回っていたのはラクスだと思うし。あなどれないお嬢さんです。

>細木数子
そうか、そうだったのか!!!!(大爆笑)
おさる→モンキッキと同類だったのですね。

カガリ、前作から続いて葛藤が多いですね。前作の方が立場上伸び伸びしていましたが。今回もはっちゃけて欲しいです。かわいいなあ、カガリ。
ED曲はカガリとアスランですかね、あの歌詞は。何か第8話はじーんときました。

コメント感謝!

answer meさん>
どうやらアーサーはマリューさんに見とれていたというのが、大方の意見のようで…。
彼はかつて情報部にいて、アークエンジェルのことを知っていた…なんてのも面白いかと思ったのですが、そこまでのひねりは無さそうですね。
結局、巨乳は強し!ということでしょうか?

sedeさん>
そうなんです、ザクは強いんですよ。
そういえば、前作、カズィはへたれの代名詞みたいに言われてましたが、むしろあれが普通ですよね。
キラやアスランなんて、一見悩んでいるようですが、普通の人から見たら強すぎです!

harukaさん>
前作とりあえずの勝者は、アズラエルでもザラでもなく、ラクスですからね。
やっぱり、ラクスが一番の黒幕ではないかと思われます。
今ものんびりしているように見せて、きっと裏で準備は進めてますから。
カガリとアスラン…先行き心配ですけど、きっと再会すると信じてます。

Unknown

TBありがとうございます。
やっぱりラクスって最強に腹黒く見えるんですねぇ。
あの切羽詰まったところで歌を歌ったり、改装したりするのは生半可なキャラじゃないと思っていましたけど、同じ考えの人がいて嬉しいです(笑)

TBありがとうございます

カガリは単にお飾りの代表なのではないかと思われ。
で今回の宰相とそのバカ息子の登場なのではないかと予想。
今後、プラントとの戦争に入ったら、前回大西洋連邦に
さからった、AAやエターナル関係者には弾圧が・・・
それをカガリが引き連れて・・・みたいな幹事になると
うれしいかもです。

はじめまして

TBありがとうございます。

>「ザク」は、さらにフリーダムの後継
後継機だったんですか。
知りませんでした。
何処かにそういった資料まとめてるのかな?

また、ちょくちょく来たいと思っています。
では、また。

強いぞ!ザク!

ぴよさん>
ラクスは、善悪はともかく、人を操る力とかすごいですもんね。ある意味世界の黒幕ではないかと…。
ラクスたちも、そろそろ行動開始するような気がするので、今度は何をやらかしてくれるか楽しみです。

レーゼ・アウスさん>
旧三隻(AA、クサナギ、エターナル)連合チームがどのように立ち上がるか、非常に楽しみです。
でもそうなると、カリスマ的リーダー(ラクス)がいますので、カガリが「引き連れて」というよりは、むしろ鉄砲玉になってしまうのかも…。

butさん>
ザクの開発経緯とか、スペックについては、プラモデルの箱に解説文が載っています。
買わなくても、売り場で眺めてみると楽しいかもしれません。

TBありがとうございました

偽ラクスは本物が自ら送り込んだ影武者だなんて……!
腹黒ラクスで考えれば、それも違和感ないのが不思議です(笑)

>組長:「嵐が来るのですね(あいつら、またウチの島を荒らしに来やがったな)」
>若頭:「うん、わかってる(安心してくだせえ、組長!これ以上何かしやがったら、
    あっしが黙っちゃおりやせん!)」
このやりとりにも笑ってしまいました。力関係はまさしくこんな感じでしょうね~。腹黒でなくても。
シンもクライン一家に入らない限り、幸せは訪れそうにないような……。

TBありがとうございました。

はじめまして、トラックバックありがとうございました!
感想も読ませていただきましたが、やっぱり皆さんと同じで、

>組長:「嵐が来るのですね(あいつら、またウチの島を荒らしに来やがったな)」
>若頭:「うん、わかってる(安心してくだせえ、組長!これ以上何かしやがったら、
    あっしが黙っちゃおりやせん!)」

に笑ってしまいました(笑)
そういう訳し方もあるんですね・・・流石はラクス。
腹黒ラクス説をとるとすると、そのうちシンもラクス一家の仲間入りしそうですね・・・。
では失礼しました。

コメント感謝!

けいさん>
コメントありがとうございます。

ラクスは…善悪はともかく…世の中への影響度とか人を操る術とか、黒幕としては最強だと思います。旧クライン派やら、歌姫としてのファンやら、今でも支援者は多いでしょうし。
隠居状態もそろそろ終わり、クライン組の世直し旅が始まると思うので、楽しみです。
シンはキラと戦いそうな雰囲気ですが…その後クライン組に入るのか、それとも最後まで敵対するのか、見守りたいです。

倉科ゆりさん>
笑っていただいて、ありがとうございます。
そうなんです。
戦争開始とともに、クライン一家も活動開始するはずです。
ラクスの黒幕ぶりに期待しましょう。

TBありがとうございます。

影武者っていいですねw
暖かい視線でDESTINYを見守っていらっしゃるようで,読んでいて,心地が良かったです。
また覗かせてもらいます。
これからもよろしくお願いします。

TBありがとうございました☆

私もTBさせていただきました☆
カガリの妊娠説にびっくりでした^-^;
それだと七話でアスランが冷たいのが
さらに酷すぎるかんじですが
ちょっとおもしろいですね∑(゚□゚;)
個人的にカガリにはもう一度MSに乗って欲しいです
ナチュラルにもSEEDを持っている子がいるんだ~と
しょうめいしてほしいです☆

ではでは、ありがとうございました!

ユウナといえば

男でユウナってのも違和感あるなー。
ティーダが勘違いしちゃうぞ。
(何のこっちゃ)

はじめまして

TBありがとうございます。
私も返させていただきましたっ。
私もラクスはギルと同等かそれ以上の腹黒だと思ってます(苦笑)
普段はあんな天然っぽく演じているのに・・・。恐るべし。

コメント感謝!

いつにも増して、コメント多いので嬉しい限りです。

@blastさん>
「暖かい視線」…伝わりましたか?そう言われると嬉しいですね。
突っ込み所は数あれど、こんなに面白い作品は他になかなか無いと思っています。
だから、大抵のことは肯定派なのです(笑)。
ぜひまた来てくださいね。

shigrayさん>
カガリがあまりに不安定だったので、自分がそれを納得するためのひとつの仮説が「妊娠」だったのです。
でも、今回の2人の赤面ぶりを見ると、「妊娠説」一歩後退ですね。
カガリは、政治家よりも前線で戦う方が向いていると思いますし、MSに乗る可能性も有りでしょう。楽しみに見守りましょう。

ゆーじんさん>
ユウナってFFの歌姫なんでしたっけ?(FFには、あまり詳しくないんですけど…)
この人、実はカウンターテナーの名手で、後にラクスと歌対決なんてことは…さすがにありえな~い!でしょうね。

natukiさん>
コメントありがとうございます。
そうですよね。
一見腹黒には見えないところが、かえって底知れないといいますか…。
この先、偽ラクスをはさんでの、ギルvsラクスの争いも見られるのでしょうか?楽しみです。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

エノモトヒデキ

  • Author:エノモトヒデキ
  • ヒデキです。
    マイブームは埴輪作り。
    ボカロPです。ギター弾きます。木魚叩きます。歌います。写真撮ります。書きます。デザインします。
    そして…あなたをハッピーにします!
記事別拍手ランキング
逆アクセスランキング

関連サイト
【enocci.net】
enocci.net
「エノモトヒデキ」HP。
 
【sweet gallery】
sweet gallery
ポートレート写真サイト。
 
【bitter gallery】
bitter gallery
アート系・実験系写真サイト。