「蒼穹のファフナー」最終回

第25話 「蒼 そ ら 穹」
まず、前回書いた「エヴァ・リメイク説」についてですが…、
大月氏が名前を連ねて、これだけ類似要素のある作品を出す訳ですから、
(彼の持ち込み企画か、他から出た企画を彼が承認したかに関わらず)
その出発点がリメイクであることは、疑いの余地がありません。
新アレンジになろうが、転調しようが、新メンバーのソロパートが入ろうが、
原曲のメロディ自体は変わって無いってことです。

最終回を見て感じたのは、確かにリメイクには違いないが、
セルフ・カバーの新録ではなく、これはライブ・バージョンだった!ということです。

 あの名曲「エヴァ」を、最近の流行りを取り込んで、今風にやってみようぜ!
 すごくいい曲なんだけど、最後のフェイドアウトが評判悪いから、
 ライブ用にきっちり盛り上げて「バシッ!」と終わろう。


というように…最初から、少しでも多くの人を納得させるような、
最大公約数・予定調和のエンディングを目指していたんだろうな、と思います。

とすれば、時代劇並みの超ベタな展開も納得できる。
悪いヤクザ(フェストゥム)に次々に殺され追い詰められた庶民(竜宮島)を、
土壇場で印籠(データ)を携えた水戸黄門(紅音さん)が助ける…みたいな。
「いや、ファフナーには『対話』『相互理解』『命の尊厳』などのテーマがある」
と言われますか?
そんなもの「水戸黄門」にだって、良く良く見れば盛り込まれていますから。

あ、ベタだからと否定するつもりは全然無くて、
最後までエンターティメント作品として十分面白いものだった、と思います。
そのへんは、冲方丁氏の力もあるのかもしれません。
…他所で言われているように、後半劇的に良くなったとまでは思わないのですが、
 予定調和であってもここまで「見せて」くれたのは脚本の力だろうな…と。

あとは、個別にいろいろ思ったこと。

【戦闘シーン】
この手の作品って、メカ(武器・性能)や人の力(知力・体力)よりも
精神論(努力・根性・団結、あるいは、宗教・哲学)に傾きがちなのですが…。
今回は過度にそういうこともなく、最後にふさわしい激しいドンパチを見せてくれました。
各キャラもちゃんといい所を見せてくれて、良かったと思います。

【捕らえられた総士】
ショッカーに捕まって「仮面ライダーの弱点を教えろ」と責められる…おやっさん。
(そんな場面を連想しちまいました)

【フェストゥムとかミールとか】
前回「土」みたいと言ってたのが「空気」になっちゃいました。
結局、最後まで良くわかりませんでしたが…、
「色即是空」(形あるものも形無いものも同じ)ってことで、無理やり納得。

【最大公約数・予定調和】
全員生還…と思わせといて、輸送機から一騎たちが落ちる。
総士が自分を犠牲にし一騎を生還させる…なんて、
あまりにもありがちでしょう。
最後は、「一騎×総士」派も、「一騎×真矢」派も納得させるように、
どちらのコンビも(過度にベタベタさせず)程々に描かれていたような気が…。

【乙姫】
すいません!私、天邪鬼な性格なもので…あざとい演出を見ると逆に冷めてしまうんです。
岩戸に戻る前に「恐いよ~」と泣くのは、いかにもお涙頂戴で、いただけなかった。
彼女には最後まで超然としていて欲しかったです。
消えた後、風が吹いた演出は好きですが…再び人の形のものが生まれるのは蛇足では?
みんなを生かす「空気」になりました、で終わった方が良かったなぁ。

【総士】
「必ず帰る」とセリフで言うのではなく、
総士の生まれ変わりと一騎がすれ違うシーン(それはそれでベタかもしれませんが)を
見たかった。
せっかく、小説じゃなくて映像作品なんですから。
…人の形にして見せるべきは、乙姫じゃなくて総士の方でしょう。

【相互理解】
人類とフェストゥム…異質なものでも理解できる可能性を示すなら、
人間同士の理解ももっと描いて欲しかった。
この点で言えば、戦いに向かう溝口さんと人類軍の司令の会話は良かった。
さらに、新国連のおばさんボスと真壁司令の対話があったりすると
より「理解」というテーマがわかりやすかったのではないかな?

と、いろいろ書いてみましたが、
面白かった作品だからこそ突っ込み所もあるということで、ご理解ください。
一応のハッピーエンドで終わったのも良かったと思ってます。
途中で投げないで、最後まで見て良かった~(笑)。
ただ、もう一回通して見返すかと言うと、
…23話あたりの次々死ぬ所とか、辛いシーンも多いので…
もう見ない可能性が高いかな?(まぁ、先のことは断言しないでおこう)

BGM: 魂のルフラン by 高橋洋子
スポンサーサイト

拍手する

コメントの投稿

Secret

Unknown

乙姫ちゃんの。
泣いても誰も助けてくれないの
すごく悲しいことだと思いました。
生贄みたい。
「ごめんね」って、かなしい。
誰か手を引いて逃げればいいのにって
思って。
何事もなく悟る乙姫ちゃんもえ?で(笑)
確かにあそこ、泣いちゃったけど
友達二人が、使えないなあって。
そこがヒトと同化された乙姫ちゃん=純粋に人ではないもの
って図式をなんとなく心の奥底で誰もが
思っていたとしたら、すごく悲しいと思いました。
関係ないですがICOってゲームが好きです。
女の子の手を引いて走って逃げるゲーム。
だから、乙姫ちゃんも、一度くらい誰かが連れて逃げて欲しかったです。

コメント感謝!

ひなのさん>
乙姫があそこに入らなければ、乙姫自身は寿命で死んでしまう。島の人間も空気が無くなり全滅。
入れば、乙姫は人の形ではいられないけれど、空気になって生き続ける。
逃げちゃったら、誰にとっても悪いことばかり。
あの時の友達2人にとっても、逃げるより見届ける方が正しいことな訳で…。
入るしかないんだけど、それでも自分の形が変わることは恐いし、人の形でいられなくなるのは悲しい。
…理屈では割り切れるけど、気持ちは割り切れないみたいな…せつないけど、いい場面なんですよね。
それでも「泣かせよう」っていう演出意図が見え見えで、素直に泣けない私…。

そうですよね。。。

実験室のマウスを逃がせないのと似てる?
演出、あざといですよね。
岩戸に繋ぐロープみたいなのとか。
あれ、一本ずつ持つ友達とか。わたし、あれ持ったら
そこらへんの人縛って、乙姫ちゃんつれて逃げます(笑)
誰にとっても良い事ないけど
でも、誰か一人くらい、「入らなくていいよ」って
言って欲しかったです。
だったら、乙姫ちゃんの気持ち的にはずいぶん救われる気がして。
ごめんね。っていっちゃって、それだけなのが
コドモを犠牲に生き延びる術にかけた大人たちなんだなって、
泣かされてしまった後に、我に返りました(笑)
でも、よかったです。

確かに…。

乙姫ちゃんは「お母さん」になったので、コドモを犠牲に…っていうのとは、ちょっと違う気もします。
それにしても、みんな割り切り早いな…って感じはしましたね。
連れて逃げるのは無理にしても、真壁司令にしつこく食い下がるぐらい、あれば良かったかもしれませんね。

乙姫

あんなしょぼい感想^^;にTBしてくださってありがとうございます!

乙姫について、女の子があんなかわいらしい声でああいう風に泣いて「ここに居たいよ」と言うと、ほろっとこなくもなかったんですが、私も少し違和感は感じました。

理由はやはりそれまでがあまりに超越していたから。あまりに異常な環境におかれている自分を素直に受け入れ、死の宣告も冷静に受け止め・・そのため彼女は“普通”の感覚を持たない、と捉えていました。

最後の選択も普通に考えたらあまりに悲しい切ない道。けれどそれまでの彼女から、もしかしたらそれが彼女にとっての普通なのかなぁ・・と、思いきや、わんわん大泣き;;(つーと涙を流すくらいの方が良かったかも・・)
もう少し「ああ、彼女も普通の女の子だったんだ」ってところが描かれていれば、もっと納得できたような気がします。

乙姫が消えて、乙姫ではない新しい生命が生まれたのは、流れ的には私は良かったと思ってます。
嗚呼!でもっ!

>総士の生まれ変わりと一騎がすれ違うシーン

これも見たかった~~!!こういうの弱いんですぅ~~>-<

いろいろ書きましたが私も面白かったからこそ、です!最後が素晴らしかったから、心に残る作品のひとつになりました。製作者の皆様に感謝です!

コメント感謝!

martianさん>
そうなんですよね。
あそこでの乙姫の変化、ちょっと唐突な感じがして、感情移入出来なかったというか…。
最後まで超越した存在でいるのか、それとも普通の女の子らしさを出すならもっと伏線を張っておくとか、そういう部分が欲しかったなぁ、と思うわけです。

総士の描写は、最後ちょっと物足りなかったですよねぇ。
セリフで語り過ぎてしまうのは、小説家が脚本を書いたための弱点なのかもしれません。
再会までいかなくとも、「復活」を思わせる映像表現があればなぁ…。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

エノモトヒデキ

  • Author:エノモトヒデキ
  • ヒデキです。
    マイブームは埴輪作り。
    ボカロPです。ギター弾きます。木魚叩きます。歌います。写真撮ります。書きます。デザインします。
    そして…あなたをハッピーにします!
記事別拍手ランキング
逆アクセスランキング

関連サイト
【enocci.net】
enocci.net
「エノモトヒデキ」HP。
 
【sweet gallery】
sweet gallery
ポートレート写真サイト。
 
【bitter gallery】
bitter gallery
アート系・実験系写真サイト。