Formula Nippon 第8戦 もてぎ。

【決勝リザルト】
1.本山哲(Arting IMPUL)
2.山本左近(KONDO)
3.土屋武士(Forum Engineering LeMans)
4.井出有治(mobilecast IMPUL)
5.ロニー・クインタレッリ(KONDO)
6.片岡龍也(Forum Engineering LeMans)

【感想】
おめでとう本山選手、フォータイムスチャンピオン!

プレッシャーもあったはずですが、流石の安定した走り。
4度目の年間チャンピオン獲得を優勝で飾りました。

いつもはクールな走りが身上の井出選手…今回は本山のタイトル阻止に向け、
エキサイティングな走りを見せてくれました。
接触でフロントウイングが破損したのに、あきらめずに追走したものの、
結果は一歩及ばず4位まで…残念ながら涙を飲むことに。

序盤盛り上げてくれたのは小暮選手。
異常なハイペースで次々に追い越し、見る者を驚かせてくれました。
しかし2回ピットのタイムロスは大きく、後半は沈んでしまいました。

今回絶好調は、チームKONDO。
F1マシンにも乗り、一皮剥けたか?山本選手…見事2位ゲット!
特に終盤、怒涛の追い上げは凄かったですね。
ほとんどTVには映らなかったものの、クインタレッリもさりげに入賞!
2台揃って、前戦の雪辱を果たした形です。

さあ、次戦で今シーズンも終わりです。
タイトルから解き放たれ、一戦集中の熱いレースに期待します。
特に、引退を表明した服部選手…良い結果で締めくくってください!
スポンサーサイト

拍手する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フォーミュラ・ニッポン第8戦 ツインリンクもてぎ 決勝

ツインリンクもてぎで行われたフォーミュラ・ニッポンの決勝では予選でポールを獲得した本山選手が、最後までトップを守りきり優勝しました。今回のレースではスタート直後はロッテラーが本山選手の真後ろを走り何度か抜きにかかったりしたけど13周目にスピンをしてしまい独

本山チャンピオン決定(2年ぶり4度目)

フォーミュラ・ニッポン第8戦ツインリンクもてぎは、本山哲(Arting IMPUL)が優勝。最終戦を残して今季のチャンピオンを決めました。本山のタイトルは2年ぶり4度目。このレースが始まる前まではまだ3人にタイトルの可能性があった。本山が優勝ではライアンの可能性は消え....

コメントの投稿

Secret

小暮選手は最初良かったんですが、2回目のピットアウト後にペースが上がらなかったみたいですね。
井出選手は2年連続で優勝に手が届かなくて残念でした。
ライアンとの接触はレーシングアクシデントで済んだみたいですが、ペナルティーが出てもおかしくなかったのではと思いました。

miruponさん>
コメントありがとうございます。
激しい見ごたえのあるレースでしたね。
接触についての判定は難しいと思いますが…。
私にはライアンの方も挙動を乱していたように見えたので、あれは仕方ないかなと思いました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

エノモトヒデキ

  • Author:エノモトヒデキ
  • ヒデキです。
    マイブームは埴輪作り。
    ボカロPです。ギター弾きます。木魚叩きます。歌います。写真撮ります。書きます。デザインします。
    そして…あなたをハッピーにします!
記事別拍手ランキング
逆アクセスランキング

関連サイト
【enocci.net】
enocci.net
「エノモトヒデキ」HP。
 
【sweet gallery】
sweet gallery
ポートレート写真サイト。
 
【bitter gallery】
bitter gallery
アート系・実験系写真サイト。