fc2ブログ

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第37話

第37話「雷鳴の闇」
脱走騒ぎで混乱する基地。
メイリンは人質にされたのではなく、自分の意思でアスランに従った。
それをレイに確認し、メイリンも含めての撃墜許可を出す議長。

あっという間にグフに追いつく、レジェンド&デスティニー。
アスランを墜とすことを躊躇するシン。

レイ「アスランはすでに少し錯乱している!」
アスラン「いや、俺はサクランじゃなくてアスランだ!
  そういうお前こそ、レイじゃなくてゲイだろう!」

レイ「何を!?ギルを裏切った上、そのような暴言…。
  シン!何をしている?さっさと撃て!」


アスラン「どうしても撃つというのなら、メイリンだけでも堕ろさせろ!」
シン「堕ろす…って、もう妊娠中?いつの間にヤったんだ!?
  まったくあんたは手が早い…。
  俺なんか、マユとだってステラとだって…ヤってないのに~ぃ!」

怒りのシンがアスランを攻める。

アスラン「昨日まで共に戦っていた俺たちが、何故討たれなければならない!?
  納得できる説明をしてもらおう。レイ!」

レイ「我々はザフトであり、議長と最高評議会に従うものなのですから、
  それが定めた敵は敵です。
  あなたの言っていることは、個人的な感傷だ。
  …正直、困ります」


アスラン「よし!今だっ!」
レイが困っている隙にアスランたちは逃げ出した。

…なんていうお笑い展開になるはずもなく、
 結局レイに丸め込まれたシンの種割れ攻撃で、グフ撃墜!

レイ「俺たちの任務は終わった」
…なら、「任務…完了」とか言って自爆してしまえ~!

沈むグフを拾いに来たのは、(たぶん)キサカ。
…アスランは放っておいても死なんから、早くメイリンを!
キサカは上着をバッと脱ぎ捨て、マッチョなボディを見せつけつつ、ザブンと海に飛び込む!
素潜りでコクピットを探し出し、手にしたロープで括る。
ぶはーっ!と海面に出るや「よーし!巻き上げろ!」
…という久々のキサカ見せ場があったはずなのですが…カットされてました(笑)。
 全国のキサカファン&筋肉マニアの皆さん…残念っ!

基地にグフ撃墜の報告。
一連の事件を自分の都合の良いように収めようとする議長。
納得できない顔のタリア、取調べを受けるルナマリア。
そして夜が明ける。

シンとレイ、並んで議長に朝のご挨拶。
議長&レイは、アスラン&メイリンがロゴスと繋がっているかのように語る。
シンは納得しているというよりは、流されている様子。

ミネルバ艦内は微妙な空気。
いつもなら陽気に出迎える整備士たちも、
メイリンのことを気にしつつ…シンたちとは距離を置く。

通路でルナマリアとすれ違いざま…、
シンは「ごめん」とひと言つぶやく。
その背中で泣き崩れるルナマリア。
振り向いてルナマリアを抱きしめるシン。
…いくらなんでも、妹を殺した(かもしれない)男に抱かれて泣きますか!?
 もともとルナマリアはシンが本命で、
 シンの気を引くためにアスランにちょっかいかけてた…ってことなのでしょうか?
 う~む…、女は解せないというか、怖いというか…。

ヘブンズベース攻略の大部隊が発進する。
ミネルバが旗艦となり、議長も乗り込む。

アスランとメイリン(ひとまず、まだ生きてる!)を乗せた飛行艇が飛び立つ。
海底ドックに入るアークエンジェル(エリカ・シモンズ久々登場!)。
議長の通告を傍受し、あわてるキラ…、そしてラクス。
ラクス「ヘブンズベースが落ちたら、次はおそらくオーブです」

部屋に戻ったシン。
ベッドに倒れこみ、右手ごそごそ…うわ!オ○○ーですかぁ!?
あ、久しぶりにマユの携帯でした…これもある意味オ○○ーですね(爆)。
最後は主要キャラのアップでお別れ。
キラ(怒り)、ラクス(真顔)、カガリ(きょとん)、ミーア(とろん)、アスラン(眠)。
ミーアの顔が酔ったような感じでしたが、ヤケ酒?それとも薬を打たれた?
ラスト、アスランの口がかすかに動く。
「俺が死にそうな時に、シンはオ○○ーかよ!?」

…終…。

すいません。
なんかもう…、シンとアスランの戦いは正視に耐えませんでしたので、
ついお笑い(下ネタ)に走ってしまいました。

とにもかくにも、気になるのはメイリン・ホークでございます。
状況的にも(パイロットとしての訓練してない、ベルトしてない)、
筋書き的にも(アークエンジェルに行ってもオペーレーターの席は無い)、
心配材料山盛です。
ついでに…あんな状態(意識不明?)で、
今週の「ホーク姉妹反省会」(虚辛会日報)がどうなるのかも、とっても心配!

とりあえず、メイリン…今日の段階では生きてたのがせめてもの救い。
なんとか生き延びて、議長に逆襲の一撃を!

次回「新しき旗」
力となって突き抜けろ!デスティニー!

戦じゃ、戦じゃ~!
デストロイ弐号機?発進!
パイロット予想…◎オクレ、○ステラ2、▲新エクステ登場!

種っ子倶楽部DESTINY
↑私設“SEED DESTINY”ファンサイト。



スポンサーサイト



拍手する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

種運命37話 感想

最近やられっぱなしのアスラン・ザラ(18)。今日も期待を裏切らず(!?)華々しく撃墜されました。まぁ、相手はキラたんを撃墜したシンでだしね。しかも搭乗機はデスティニー。種割れまでされちゃアスランなんて敵じゃないか。 でも、正直シンのためらいは意外!だった。虐

機動?士ガンダムSEED DESTINY 第贈7話「雷鳴の闇」

あんな初陣・・・デスティニーガンダムが可属想すぎます。 ちな造に僕はSフリーダムよりデスティニー派です。 1/100 デスティニーガンダムバンダイ 売り上造ランキング : 6おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools  クリックしてく造ると嬉しいです。

今日の「ガンダムSEED DESTINY」37話。

アレですね、「3人寄れば文殊の知恵」つー諺は嘘だった、つーコトですね(苦笑)まあ、メイリンが死ななかっただけで良し、としましょうか。ホント、コレでメイリン「だけ」死なせていたら絶望するしかないですからね。#希望をもっているのか、と言われるとアレですが(汗

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第37話 「雷鳴の闇」

 「こんな展開は断固拒否!  我々はやり直しを、  何が何でも要求する!」 便利だな、このフレーズ。自宅を離れた某所より。うう、周囲の目線が冷たい。 続き→

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」 第37話 『雷鳴の闇』

議長は、ロゴスを倒し、そしてオーブをも破滅へと導き、世界を自分の自由になるように考えているようだ。 その野望に邪魔者はいらないのだ。 議長の目指す“平和”は、どうやら言葉だけのもので、その野望は深くそして醜い。 アスランは、それに気がつき、誰が的なのかがはっ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37 雷鳴の闇

PHASE-37 裏サブタイ「キサカ祭~キサカのキサカによるキサカのための30分~」今日の主役はあのキサカ。キサカ好きの方はとても楽しめた30分ではなかったかと思います。

種割れする場面か?と疑問「PHASE-37」

久々にリアルタイムで種デス見れた。 PHASE-36「雷鳴の闇」のレビューです

DESTINY感想!PHASE-37 雷鳴の闇

ガンダム SEED DESTINY PHASE-37 雷鳴の闇 の感想です。久々にDEATINY見て思いましたよ、「なんじゃこりゃ」って…。では、PHASE-37の感想。今回の私的3大ニュース!1.ここは死んどこうよアスラン2.何なんじゃこのシンルナフラグは!

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37『雷鳴の闇』即感

ある意味、黒幕がはっきりした(かもしれない)回。議長は、ロゴスを倒し、そしてオーブを倒し、世界統一を目指している。その野望を遮る者は、何人であろうとも容赦しない。議長の目指す“平和”は、伝説の名を冠したMSが守護する。世界は、再び終局へ向け動きを加速させる

PHASE-37 雷鳴の闇

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2えーと、今日の展開とルナマリア(真綾さん)ファンな自分を知ってる方は予想してるかもですが...。 すみません、ここから先は毒吐いてたりします。 ゴメンナサイ。 でも吐かずにはいられないんですー。(泣)アバンタイトルは「やっぱり逃げ

PHASE-37 雷鳴の闇

CM前に落ちた…!! 楽しみにしていたアスランの勇姿が、 こんなに早くに終わるなんて…。 グフの活躍は予想外に少なかったし。 いや、でも今回は見ごたえあって面白かったです。 いつも不満なシンの描き方も概ね満足でした。 ただ、まさか種割れしたシンがアスラン&.

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37「雷鳴の闇」

脚本   大野木寛、吉野弘幸、両澤千晶 絵コンテ 米たにヨシトモ、鳥羽聡 演出   久保山英一 作画監督 キャラクター 米山浩平 メカニック 池田有 アスラン脱走。 いるときはウザかったけどいなくなって初めて「好き」の気持ちに気づいたシン。 謎状況にキサカもビ.

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37

PHASE-37 「雷鳴の闇」 闇に光る雷鳴の空に、かつて味方であった者が相打つ。裏切ったもの、『敵』を討った少年。だが、勝利で得たものは喪失と苦渋・・・傷心のいえる間もなく開始される作戦。少年の選んだ道は戦いの道・・・メイリンを連れ奪ったMSグフで脱走したアスラ

ガンダムSEED DESTINY PHASE-37 雷鳴の闇

疑問点の多い回でした>挨拶 てっきり一話分全部使って死闘を繰り広げるかと思いきや、前半で終了。 善戦したアスランですが、最新機二体には必ず墜落。 「あんたが裏切ったから悪いんだ!」、シンはこんな台詞ばかり吐いている気がします。 ステラの時もそうですが、自責.

種デスPHASE-37 雷鳴の闇

遂にシンが壊れた。ダークサイドに墜ちて、ルーク(キラ)にやられてから自らの過ちに気付くんだろう。そもそもの原因は、彼を選ばれし者と見込んだクワイ=ガン(トダカ)か。やっぱりどう見てもアナキンなシン。お相手のルナマリアは、奇しくもパドメと中の人が一緒。いやまあ

ガンダムSEED DESTINY 37話『雷鳴の闇』感想

ギル&レイ劇場。全て規定路線?正に彼等の描いたストーリー通りに進んでいく感じですね。議長はなんだかどこかのネオコンな香りがプンプンします;ホント、現代史そのまま。。。「ヘブンズベース(アフガニスタン)が落ちたら、次はオーブ(イラク)です」…

ガンダムSEEDDESTINY 第37話

今週は第37話「雷鳴の闇」です。デスティニーとレジェンドの発進から。やはりなし崩し的な発進。本当にシンが主人公だと思って描いているのでしょうか。いや、書いてないでしょうけど。さてっ、脱走したアスランとメイリン。追いかけるはレジェンドを駆るレイとデスティニ...

ガソ種 死 phase37

今週もセーフティシャッターが大活躍です。 モビルスーツにはセーフティシャッターが

Conflict

『ジム』から『グフ+ドムレッグ』に乗り換えて『ザクⅠ』を退役させた今日この頃ですが、私としては結構良い出来だと思っている次第です。■今回は「PHASE-37 雷鳴の闇」というタイトルでした。先週はアスランがかっぱらったグフでメイリンと共に逃亡を図った訳ですが、「去

ガンダムSEED DESTINY 第37話「雷鳴の闇」

機動戦士ガンダムSEED DESITINYの予告編ライブラリーの一部がエウレカセブン(しかもドミニク)に変わってるのは何でです?ワザと?

第37話「雷鳴の闇」

脱走したアスランを追うレイとシン・・・そして、混乱している司令部を見ながら、怯えるミーア。メイリンがアスランと一緒だという事も、レイの口から明かされ――そして、その事実に再び驚くシン。しかし、メイリンが情報のエキスパートって?そんなのドコで言ってたっけ・

ガンダムSEED DESTINY PHASE-37 簡易感想

議長とレイがどんどん悪役色を強めていく最近の展開。 一時はシンが悪役街道まっしぐらだったのに今回も随所にそれが散りばめられていてシンがいつその呪縛から覚めるのか気になるところです。発覚したアスラン&メイリンの逃走。てっきりメイリンは人質に取られたとでもい

機動戦士ガンダムSEED DESTINY【PHASE37:雷鳴の闇】

アスラン脱走劇その2。追撃はシンとレイ。ああ…新しいガンダムのお披露目がこれですか_| ̄|○つくづく主役としての扱いがぞんざいだと思わないでもないです。ストフリのお披

大切な人を失う事・結ばれるフラグ立ちまくり◆SEED DESTINY 第37話 私見◆

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7●グフ搭乗・撃墜フラグ立ちまくり「議長やレイの言うことは確かに正しく心地よく聞こえるかもしれない。 だが彼等の言葉は世界の全てを殺す! 俺はそれを」「シン、聞くな! アスランは既に少し錯乱している!!惑わされ

ガンダムSEED-DESTINY

<雷鳴の闇> メイリンの細工が早くもバレてしまいます。アスランと一緒に逃げて正解でしたね、メイリン。 「彼女は情報のエキスパートです。このまま逃がせばどれだけの機密が漏れるか分かりません」(レイ) アスランのみならずメイリンもやる気満々ですね、レイ。最初

です種37話感想

雑感ー。まずレイと議長。ききき鬼畜・・!なんだこいつら。レイきもい議長きもい!あの議長の細い目がきもさを強調している。きもすぎるどうしよう。殴りたい。ほんときもい。アスランかっこいかったー。ここ最近のヘタレっぷりはどこへやら。やばいあたしアスラン...

「雷鳴の闇」第37話 ガンダムシード デスティニー

最初に一言を感想を。 (本当はこっちを書きたかった) ルナマリアよ!なぜ自分の妹:メイリンを殺した(と思っている) 男の胸の中でいっしょに泣く!(-_-メ) いっそ撃ち殺してまえ! なんなら、戦場でどさくさまぎれにデスティニーを インパルスで後ろから討ってまえーー.

「G・Sデスティニー」37話「雷鳴の闇」

<土曜日>アスラン撃墜!でも、軍に潜り込んでいたあの人(名前なんでしたっけ?カガリの側近の人でしたよね。よそのブログで読むまで居るのに気が付きませんでした~)が、救助に向かったのでどうやら大丈夫でしたv回収したアスランとメイリンを何処かに連れて行ってまし

第37話 雷鳴の闇

 おそらく脱走したアスランよりお持ち帰りされたメイリンの方が気になる人が多いでしょう。ガンダムSEED DESTINY PHASE37_「雷鳴の闇」です。かつての可愛かったレイたんならいざ知らず、黒レイ君とアスランの戦いはあまり見たくはないのですが、デスティニーがいよいよ動い

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37「雷鳴の闇」

おっと、びっくり、種割れ。一杯一杯になったあげく、キレたんですかね。デスティニーはしっかりシンの行動に反応していますね(もっとも、インパルスが反応していないという描写は、一切ありませんでしたが)。ただ、自分のわだかまりを、すべてアスランに転嫁しているよう

SEED-D 【PHASE-37 雷鳴の闇】

悪役ハマリ過ぎなこの二人。早く自由と正義の名の下に散る事を切に願う……(誰今週も面白かったですねー。愛する議長のためなら死ねる。チクリ魔レイ。今週も悩みまくりのシン。種割れで精神崩壊気味^^;まぁこの二人(てか最新機)にグフ結構粘

37「雷鳴の闇」ー「偽りの言葉、呪われし思い」

「追うのはアスラン・ザラだ」「アスラン?なんで・・・」動き出した最新機、レジェンド・ガンダム。シンはアスランを思う。打たれたこともあった。穏やかな会話をしたこともあった。だが、いつのころからか、何か考え込んでいることが多くなり、わけもわからず殴られた・・

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE_37 「雷鳴の闇」

方向転換できない・・・・のではなく、もう後戻りができない状態になっちゃってたんだな、シン。けど、シンを討ち損じ、アスランを討ち損じ・・・・それって、へっぽこ?(笑)機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7矢立肇 富野由悠季 福田己津央 鈴村健一バンダイビジュア...

ガンダムSEED DESTNIY  PHASE-37話 雷鳴の闇

・シン、騙されてるよシン、完全に議長とレイに完全に操られてるよ!シンは何時になったら…という訳で感想考察です。★シンは訳分からない!★・自分で討っといて…訳が分からない、訳も分からず種割れするし。でも命の尊さに少し気づいた感じだが…でも相変わらず議長とレ

種デスネタバレ感想・PHASE-37「雷鳴の闇」

いつものようにネタバレなので注意。今回はもうただ怖くて、悲しくて、仕方がなかった

PHASE-37 雷鳴の闇

・今回の話を見終わっての第一の感想は「いやあ、議長とレイ、総力を結集してよってたかってアスランに罪をおっ被せていってるよ」でした。 あそこまで時系列を誤魔化し、捏造してアスランを敵のスパイにでっち上げるのだから、いやあ政治権力というのは恐ろしいものです。

種デスPHASE-37 雷鳴の闇

先週の『アスラン脱走』から、この1週間が待ち遠しかった!最近面白くなってきたよね、アスランスキーなもんでvv・・てなわけで、アスランメインの感想です。 今週は〓アスラン対レイ・シン〓だったわけですが、やっぱり撃ち落されてしまいましたね・・・。

ガンダムSEED DESTINY 第37話 『雷鳴の闇』

ついにデスティニー&レジェンドが始動!脱走したアスラン搭乗グフの追撃へ。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37 「雷鳴の闇」 感想

 『敵』とは何か。誰かが決めたもの?自分が決めたもの?撃つべきものと護るべきもの、その境は?葛藤するシンとミネルバクルーの行く末が気になる37話。・追走 脱走したアスランを混乱したまま追うシン。その混乱を払うべく語りかけるレイ。議長への盲信を覚まさせ

GUNDAM SEED DESTINY 第37話「雷鳴の闇」

 「彼らの言葉はやがて世界のすべてを殺す」。アスランが伝えようとしたデュランダルの真意もシンには届かず、自らの葛藤を振り切るかのようにシンはアスランの乗るグフを撃墜する、「雷鳴の闇」。   【排除の構造】  力と能力は確かに魅力的だが、その「意志」を顕わにし

種死37話感想

カガリが最後の一瞬だけ顔アップで出た。顔アップは、キラ、ラクス、カガリで以下続いていたが、3番目に来てたのは、次のオーブ戦でカガリが出張る予兆にちがいない。うむ。さっぱり出てこなくてがっかりはしたけど40話に期待しておこうかな。話としては、なかなか面

PHASE37 雷鳴の闇

真っ黒くろすけ、すごいぞレイ真っ黒くろすけ、黒すぎ議長週を重ねるごとに、黒さに磨きがかかる二人です。シンは、本来素直な良い子なんだよね、少しおばかなだけで。こんな事になったのもあんたが悪いんだと、受け入れがたい現実やキャパをオーバーすると、誰かに怒りをぶ

GUNDAM SEED DESTINY

狂戦士、シン・アスカ。洗脳者、レイ・ザ・バレル。そして、彼らを操る傀儡士ギルバート・デュランダル。彼らを止めるのは、誰だ!

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第38話「雷鳴の闇」

キラと言いアスラン・メイリンと言い、種世界には不死身の人がいっぱいですね!普通あの爆発に巻き込まれたら死ぬと思うんだけど。キサカさんが助けるのはほぼ予想通りで…しかしキサカさんの身があんなに自由なのは驚きました。もうちょっと肩身の狭い…というか不自由な生

PHASE-37『雷鳴の闇』

それにしても良く踊るなあ、シンは。グフで逃げるアスランとメイリンを種割れして撃つ。「あんたが悪い」レイはさぞ面白かろう。戦うつもりのない者を撃つ気持ちは、どんなだろう?なんか自分の都合のいいように転嫁して、どうして考えないんだろう?っていつも

ガンダムSEED DESTINY : #37 雷鳴の闇

シン、脱走犯で追っている相手がアスランと聞いて思いのほか動揺していますね。今までつっぱってアスランに接してはいたものの、アスランを仲間として、先輩として認めていた部分もあったということなのでしょうか・・・そんなそぶりは 全くなかったけど (´-ω-`) ねーまる

ガンダムSEED DESTINY 第37話 「雷鳴の闇」 感想

前作の主人公2人がそれぞれ今作の主人公によって倒されるという展開に燃えるものを感じつつ、テーマとしてはやはり絞られて来たなと感じる第37話「雷鳴の闇」。先週考えていた「自立」というテーマにも自分なりの納得を得られたし、バトルエンタメとしても非常に面白かっ

物語の着地が見えてきました/第37話「雷鳴の闇」/機動戦士ガンダムSEED DESTINY感想

 前回の「アスラン脱走」、特にアスランとミーアの手を差し伸べ合うシーンにて、もうDESTINYに関しては満足してしまった自分がおります。 A-B 理想-現実 前作の正義-今作の正義 力に対して非積極的-力に対して積極的 そして前回「アスラン脱走」で美

PHASE-37 雷鳴の闇

最近は結構黒いんじゃないの、黒すぎるんじゃないの・・・と評判のレイ・ザ・バレル大先生、今日も大活躍でわくわく☆ああ、しびレル・・・なーんて言ってる場合じゃなーい!!レジェンド&ディスティニーVSグフイグナイテッドはやっぱり無理がありすぎる!!大変だ、アスラ

GANDUMSEED DESTINY PHASE37感想

ガンダムSEED DESTINY「雷鳴の闇」感想発信する!!!だめだ・・・今回の話は小職的にどうも・・・アスランへたれモード脱出か!?と先週思ったばかりなのに、あっけなく・・・そして、、、肝心の・・・!!!なんでこんな展開になってんですか?・・・もういいで

「雷鳴の闇」感想

「雷鳴の闇」(注意・議長とレイファンには向かない感想です。)格納庫の銃撃戦後、レイとシン追撃に出る。追いながらもシンは今だ・・・とまどっていた。議長が下の者と話してるのをトビラの隙間から見てるミ-ア。ハッキングした端末がメイリンの物だとバレる。通信で議長

PHASE-37 雷鳴の闇

37話「雷鳴の闇」も、色々楽しかったです。グフとデスティニーの、機体性能を見せ合う戦いが、熱かった。先に出たグフに追いつく、デスティニーとレジェンドはやっぱり、新型だから。って事で。そして、レジェンド(レイ)は、グフ(アスラン)に、あんまり手を出さないんで

デス種第37話「雷鳴の闇」感想

様々な雑誌でネタばれされていて、大人の事情があるから大丈夫とは思いつつちょっぴり不安だった、第37話「雷鳴の闇」。 このような抽象的なタイトルのほうが、36話のようなストレートなタイトルより好ましく思われます。とにもかくにもEDが日本語歌詞で

PHASE37みたいなもの。

ネタバレってゆうかネタです。今日はいい話だった、とか今日のミーア良かった、とゆう方スルーしてくださいましね。では今回の話。「油断するなよ、追うのはアスラン・ザラだ」「アスランて…そんな、何で」回想するシン。そういやアイツ、親にもぶたれた事ないのにぶったな

運命 第37話◆時間の無駄

前回のフェイス職務怠慢から脱走した旧種の主人公さん(種Dでも出張ってるが)。女連れの逃避行とは正義の良心痛まないのか?その彼を追う種Dの二名は殺意ははっきりと意味不明に分かれてしどろもどろ。運命はどうなるのか?

GUNDAM SEED DESTINY PHASE-37

レイのシン操作術……もとい要所、要所でのシンへの説得が効いていました。ついにレイの思惑通り「あんた(アスラン)が悪いんだーッ!」と種を割るシン。……逆ギレ?今週はルナマリアとシンにラブラブ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ~雷鳴の闇~の感想

シン! テメエ よくもアスランとメイリンを本気殺人モードでやってくれたじゃねーか。上等だ! ろくな死に方しねえから覚悟しとけ!! (と、私が叫んでもむなしいだけなのですが・・・)だいたい シン! お前脳みそ弱すぎ~、思考能力ゼロかよ~、最後の結論が あん

PHASE_37「雷鳴の闇」

グフを奪取したアスランとメイリンの逃避行の続き。ザクでセカンドステージのMSに勝ったアスランにはグフでセカンドステージを凌駕するMS相手でも頑張って欲しいところ。先週のトコから。「やっぱり逃げるんですか、また!」「やめろレイッ!」銃撃戦。「油断するなよ・

PHASE-37「雷鳴の闇」

殺る気満々のレイにシンが動揺しまくりなのがおもしろい。今までそういうこと無かったじゃない、この人。アスランが嫌いでも、人柄は知っているし、メイリンはもちろん仲間で女の子だし、とにかく殺したくないし。でもレイは(一見)正論とシンの怒りにちょこっと油を注ぐ攻

●第37話「俺の話を聞けーッ!!」

メイリンには、一言も弁解すらさせてあげられないほど、緊迫した状況で、アスランはシンに呼びかけるけど、レイが邪魔するんだよ!!アスランが「俺の話を聞けーッ!」と激怒したに違いない第37話は「雷鳴の闇」。雷鳴の闇だから、ほら、アスランが何を言っても無駄ってこ

SEED DESTINY【37】 雷鳴の闇

レイ「わけなど知らない」うそつき。……。というわけで、デスティニーとレジェンド発進です。どうやら、二機とも、なんだかバリアみたいなの積んでるみたいですねぇ。目に見えるバリア。そして、レジェンドの銃火器は、やはり、凶悪。前回の白ザクの時もそうでしたが、どう

機動戦士ガンダム SEED DESTINY PHASE-37『雷鳴の闇』

よかったぁ。メイリンもアスランも生きてましたよ~。地球軍として現れたキサカの機転により救出された二人はいったい何処に連れて行かれるのでしょうか。メイリンって、情報のプロという設定だったのですね。これは始めて知りました。仲間だと思っていたレイ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY #37 「雷鳴の闇」

予想通り運命がグフ倒しますた量産型グフで新型の運命&伝説に勝てるとは思いませんでしたけど。それなりの戦闘をしてくれたアスランよくがんばったよやられたアスランとメイリンをキサカが助けたようですメイリン助かっちゃったようだけど居場所あるのかな?

種デス PHASE-37 雷鳴の闇

ルナマリア:3.5倍カガリ:2.3倍ミーア:4.2倍メイリン:24.7倍前回までのあらすじ:アスラン争奪戦を制したのは何とメイリンだった!俺的には大穴だと思っていたんだが・・・。今回はレイのギル信者っぷりが物凄いです!

GUNDAM SEED DESTINY 第37話

なんだか今日は内容が薄かった気が・・・楽しみにしてたのに~!!・゚・(ノД`)・゚・ウワァァン!!ツッコミ所も多すぎて、何が何やら・・・とりあえず、気を取り直してレビュースタート!!!議長の企みに気付き、メイリンと共に青グフで逃走したアスランを追うレイとシン。

種運命 第37話「雷鳴の闇」

7月からOPが変わるって聞いてたんだが・・・なんすか?もうこの曲聞き飽きましたよ 今回後半はぶっちゃけどーでもよかったな(ぉつーわけで、レビューは前半中心ででは、いってみよう  アスランを追撃するレイとシンレイ「脱走は絶対に阻止

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第37話「雷鳴の闇」感想 3点/10点

今日が生死の境目だったメイリンはなんとか生き残れましたね。ホッとした。キサカGJ!そして新たに浮かび上がるカガリとのアスラン争奪&ミリアリアとのコール担当争奪問題(笑)それにしても新MS2機の戦闘初お披露目にもかかわらずパっとしない回でしたね。量産機一機...

ガンダム種DESTINY:37話 毒感想

第37話:「雷鳴の闇」とりあえず、分かったこと。シンも実は不殺の精神を貫いてる!?wとか、思ってしまう結果でした。逃亡するグフに乗った、アスラン&メイリンを追いかけるシンとレイ。デュランダル議長に対して、わざわざ公の回線を使って、アスランの撃墜命令を要請す

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第37話

アスランなんで生きてんの?

第三十七話「雷鳴の闇」

アスランの説得力がなさすぎるので、シンを説得しても効果はいまいちのようだ。むしろレイにあげ足をとられ、さらにシンの洗脳を上手い具合に導いている。ダークサイドから抜け出すことは、よっぽどのことがない限り無理だな。

種運命 37話

正直言って今回は「わからないことだらけ」の回でした。でも・・・ダコスタいたーーー!!(^^ゞ(通りで各地でササヌマンの声がすると思った)■デュランダル「撃墜を許可する」アスランとメイリンの乗るグフを「裏切者」として撃墜命令を下す議長に、タリアが「議長!」と抗

ガンダムSEED DESTINY 37話雑感

 ついに議長のロン毛のウザさに耐えられなくなった(違)アスランは再び、ザフトを離脱。基地中、大騒ぎの中、流石に自分で、そう仕向けただけあって、他人ごとのように冷静な議長さん、始終すっとぼけた声で部下達に指示を出します。 それにしても議長という仕事はそ

SEED DESTINY 37話

最近、ルナ派からメイリン派に移った全国のメイリンファンじゃなかったS-Dファンの皆様!急なメイリン株の急騰によりアニメ証券取引所では、メイリン買い!の声がやまなかった事でしょう。では、感想に行きます。

PHASE-37「雷鳴の闇」

「戦争を失くす。……今度こそ、本当に」(シン)シンの想いは、キラやラクス達と同じなだけになおさら切ない展開が続きますね。種割れする直前、今までのセリフを回想していたシーンは、前作最終話キラがクルーゼに挑む直前の演出と同じという事で、制作サイド

雷鳴の闇

『SEED DESTINY』第37話「雷鳴の闇」。アスランはヘタレ脱却ならず。も

ガンダムSEEDDESTINYPHASE-37「雷鳴の闇」

それにしてもバンダイチャンネルの7月のラインアップはすごいなあ~。『逆シャア』『F91』に加えて、なんと新海誠監督の『ほしのこえ』ときたもんだから凄い。これからどんな作品を配信してくれるんだろうか?(ちなみに『逆シャア』の主題歌はTMNETWORK。『F91』は森口博...

PHASE-37 雷鳴の闇

ほぼ戦闘シーンで構成された前半に対して後半は人々の思惑、感情が描写されたPHASE-37。意外だったのは戦闘シーンが前半だけで収束してしまったことだろうか。それにつけてもこのDESTINYでひとつスタッフの勝利を挙げるとすれば、それはシン役に鈴村君を持ってきたこ

ガンダムSEED-D 37 「雷鳴の闇」

グフには稲妻が似合いますねぇ~。むしろその為に雷鳴の闇にしたんじゃないかという思いもします。ランバ・ラルは今も生き続ける愛すべき漢です。ランバ・ラルと言えばグフ、グフといえばランバ・ラルみたいな。こんな時はやっぱりファーストかじっておいて良かったなと。w

PHASE-37 雷鳴の闇

ヘブンズベース攻撃前にミネルバクルーに起こった大事件。初めて敵を撃ったことで悲しくなるということを知ったシン。個人的にはアスランよりもメイリンのほうが圧倒的に心配な37話(笑)今回見ていて一番思った事は「事実は事実でもある部分を省くとまったく違う意味に聞こ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第37話

サクラ大戦のCMが流れましたね~そろそろ予約しておきたい所です。デスティニーとレジェンド発進。アクセスログからメイリンの端末がばれまして人質に取られたのか?という議長に対してレイの報告によりアスランのグフを撃墜する事に。動揺するシンとタリア艦長ですがギル

ガンダムSEEDDESTINY37話「雷鳴の闇」感想

今日の全体的な感想としては、MS戦あり~のディステニーのお披露目もあって、アスランもグフでよくやったし!それに、今回はシンの心境が割と描かれていたと思うんです。(これまでと比べるから?)話も面白かったと思うのですが・・・何か後味悪い。それもこれも議長とレ

デスティニー 第37話  雷鳴の闇

今回はシンが思い切った決断をした回でした。またシンに尊い命が…

あんなに、いっしょ、だったのに

いつもの先週のおさらいが「あれ、このアニメ面白そう」という印象なのが初めてな気がした(ひでえ機動戦士ガンダム SEED DESTINY PHASE-37 「雷鳴の闇」ですが、私の妄想よりかなり暗いね(´_ゝ`)メイリンはアスランと一緒じゃないと生きていけなくなったわけですが、ど

雷鳴の闇

「アスランって・・・・何でなんだよ!!(シン)」「訳など知らない。だが、保安部に追われ、それを打ち倒して逃走したのは事実だ。いくぞ!本当に逃げられる!(レイ)」   

PHASE-37- 雷鳴の闇

☆注意今回のは恐ろしく長いです。覚悟して読んでください。それからそして怒りにまかせて書いてます。(苦情は受け付けませんので(^_^;A)サブタイトル『「えぇー?!」(注:アーサーではありません、ダコスタです。)』(OP)三蔵(レイ)「また逃げるのか!クソガッパ

機動戦士ガンダムSEED DESTINY第37話「雷鳴の闇」感想

いきなり新型2機が追撃に出た!いつのまにレイはX666Sのパイロットに登録されていたんだろう・・・それはいいとして、2機の追撃を見てキサカ一佐が動いたということは逃走したグ

ガンダムSEED DESTINY~37話 雷鳴の闇 

くっそぉーーーーー!!!!レイーーーー!!!アスランとシンの、邪魔をするなぁーーーー!!!!はぁはぁ・・・アスランとメイリンのグフにあっというまに追いつくシンとレイレジェンドとデスティニー相手じゃ分がわるすぎ・・でも、シンがかなり動揺してるので、ちょっと

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第37話

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7【雷鳴の闇】逃走犯、スパイなどと言われ追撃するのがアスランだと知ったシンは「何故?どうして?」と頭がパニくっていたと思いますね。アスランが何か言おうとすると、横からごちゃごちゃと割り込

機動戦士ガンダムSEED DESTINY #37 「雷鳴の闇:シン、騙されてるよ、シン」

 今回のガンダムはスターウォーズなんだな。 シンが暗黒面に引き込まれていく物語。 最後のほうは、キラとアスランに半殺しにされて、生命維持装置をつけて復活してくるに違いない(笑)。 情報なんてものは、調理の仕方でどんなふうにもできるんだなあ。怖い怖い。「ア

第37話「雷鳴の闇」-負傷ザラにモエてしまった…-

第37話「雷鳴の闇」-負傷ザラにモエてしまった…- 感想です。えー、長い長いメンテも終わり、ようやくアップできました。まず、一言だけ言わせてください。キラもザラも復活早すぎやねん   「オクレ」を見ろ!「遅れ

ガンダムSEED DESTINY第37話「雷鳴の闇」

シンが可哀想。恩人殺しの次は仲間殺し。なぜこの子がこんなに業を背負わされなくてはならないのだろう。どうしようもなくどんよりと哀しい気分になる。あちゅらん、生きててよかっ種。キサカさんのおかげだね。今回の作監さんは米山氏。米山レイは珍しいかも。可愛い。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37「雷鳴の闇」

メイリンを連れて グフイグナイテッドで脱走した アスラン.それを追って,レイとシンも「レジェンドガンダム」と「デスティニーガンダム」で追撃!逃げ切れるか? アスラン.基地で出撃の様子を 見ていた あの後姿は もしかして...あの人?!

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-37「雷鳴の闇」

シンとレイは、脱走したアスランを追撃するべく、デスティニーとレジェンドで出撃する。脱走犯が今まで共に戦ってきたアスランだと聞いたシンは思わず疑問を抱いてしまう。そしてシンは疑問を抱いたまま出撃することになった。デュランダル議長等は、ホストに進入した端

機動戦士ガンダムSEED DESTINY #37 「雷鳴の闇」

遅くなりましたが、記憶にある内に感想とキャプやっておきましょうか。昨日、日曜日にも関わらず仕事があったので、本日代休を貰ったのですが・・・1日中、OZをやっていたためか打ち上げとチェインの事しか頭に無い('A`)この先は以下でどうぞ。

デス種 PHASE-37 「雷鳴の闇」

グフ撃墜の報を受け、議長は悲痛な表情を浮かべつつも、部下へ対応策を指示していく。「クライバ、事の次第を簡単に文書に纏めてくれ、連合側もあれこれ聞いてきはじめている」「はい」「これまでの経緯と、こちらから調査隊を出すので現場海域には立ち入らないよう

ガンダムSEED DESTINYレビュー PHASE37「雷鳴の闇」

今週も月曜日の更新になってしまって、まずは週末に来てくださった方にお詫びを。本編がつまらなかっただけに短くまとめられるかなぁ~と思ったら長い長い。今週もまたhtmlサイズで53kbに到達する大作?になってしまいました。ご訪問者様のご期待?に応えるかのよう

ガンダムSEED DESTINY PHASE_37

■PHASE_37「雷鳴の闇」とりあえず、主要キャラは絶対死なないと・・・<アスラン VS シン&レイ>まぁ、レイに踊らされたシンに落とされましたね、アスラン。キサカもいい所で出てきてくれたもんです。何で連合軍と一緒にシン「あんたが悪いんだ!あんた

第37話:激しく萎え~の追討劇・・シンの描写がもう滅茶苦茶です!(>ω<)

2005/07/04(月)(とりあえずUP♪)今回は、ステラ死亡時と同じくらい脚本がいい加減すぎて、見ていて激しく萎えました。llllll(-_-;)llllll ずーん・・・何がって・・・まゆやステラを回想しつつ、       メイリンを討ってしまうシンにです・・・前回、何で逃走劇

seed-d #37

「俺は許しませんよ、ギルを裏切るなんて事ッ!」議長親衛隊の名台詞と格好いいアスランの戦闘シーンリプレイで始まりました雷鳴の闇。とうとう出ました!伝説と運命。なんだかディステニーが不憫でならない…初出陣がコレだなんてさ、ディステニーってタイトルじゃん。ディ

コメントの投稿

Secret

反省会w

こんにちわ~いつもどうもです!

ホーク姉妹の反省会、私もちょっと楽しみだったりしてますw
いつも面白いですよね~

ひとまずメイリンが生きていてくれてほっとしています。
来週はデストロイですね~これもまた見ものですね~オクレ!オクレ!

TBとコメントです。

えのっちさんこんばんは。更新お早いですね。お疲れ様です。

>デスティニー初陣からこんな後味悪くていいのかぁ!?

ええ。もう後味悪すぎですよ。

「戦争を終わらせたい」
シンを悲しい決断に持ち込ませたのはひとえにこの想いひとつだったと思います。戦争で両親とマユ、そして、ステラという愛すべきものを失ったのですから。

そして、ルナ。
彼女は、軍人としては、メイリンが大罪を犯したことを認識しているんですよ。アスランを逃がしたんですよ?明らかに軍規違反です。
でも、人としては…メイリンはたったひとりのかわいい妹なんです。シンに「ごめん」と謝られて泣かずにいられますか!?ただでさえショック状態なのに。
もう、胸が締め付けられる思いで見ておりました。

ということで、今度はヘブンズベース攻略作戦「ラグナロク」発動です。←ラグナロクってのも、本当に大層な名前つけたもんだよ。ラグナロク成功したあと、世界はどうなってしまうのか、怖くて仕方がないさつきむつみでした。

お久しぶりです。コメント行きます。気に入らなければ言ってください。帰りますので・・。
>今度はヘブンズベース攻略作戦「ラグナロク」発動です。
議長の真意みたり!「宇宙の統一」だな。
ここで銀英伝持ち出すとは・・監督・嫁のへたくそ目。
>納得できない顔のタリア
うわぁー!ついにシンとキラ共闘路線フログが立ってしまう。 どうして君は正義同一陣営主義なの?Wのゼクス、トレーズよ。Xのカトック、ランスローよ。諸君の正義の立て方がまぶしい!!

がんばれメイリン

>怒りのシンがアスランを攻める。
えっ!?てことは、アスランが受け?
……。
失礼しました~っっっ。

ところで、あたしも『ホーク姉妹反省会』がとっても心配…。

ガンンダム種関係でのミュージカルバトンなど・・・。

えのっちさん。こんにちわですー。
いつもお世話になってます><
毎回トラックバックさせてもらったり頂いたりありがとございまっす!

実はこのたび、ミュージカルバトンなるものが回ってきまして・・・是非ガンダム種関係で広げれたらな・・と。
もしよかったらお答え下さいませませ!

詳しくは、こちらのURLなんかをご参考に・・・。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/Musical%20Baton

マユの携帯は久しぶりかも

こんにちは。姫鷲です。
とりあえずメイリン生きてて良かったです。これで死亡フラグも消えたと思いたいところですが・・・。

>ベッドに倒れこみ、右手ごそごそ…

携帯のカットだけ編集してしまえば心理学上だけでなく・・・ゲフンゲフン。
でもここで始めるとレイに襲われちゃったりしませんかねぇ。「これで心も体も議長のものだ」みたいな(苦笑)

コメント感謝!

蔵さん>
ひとまずメイリン生きてましたけど、まだ危篤状態ですよね。
早く元気になりますように!
デストロイは、やっぱりオクレさんでしょうか?
今のシンが相手ではあっさりやられちゃいそうですが…。

さつきむつみさん>
私の考えでは…ルナマリアは、あそこではぐっと我慢して、部屋に戻ってから泣く。もしくは、シンを一発殴ってから泣くのが自然だと思ったんです。
でも女心は難しいものですから、あれはあれで有りなのかな?

くらむぼんサガスさん>
「ラグナロク」は、別に銀英伝が出典ではなく、割とありふれた名前のような気もしますが…。
確かにゼクス、トレーズみたいに、それぞれの正義や美学を持った人はカッコいいですよね。
種世界は、今のところ議長ひとりの正義に丸め込まれつつありますが、これからそれが打破されていろんな価値観が認められる世界になるのではないかと思います。

TBありがとうござます

コメントするのは、おひさしっでございます。

もう37話は、なんだこれ?はぁ??って感じでした…。
これから先問題山積みなのにこれからどうなってしまうのか
最悪の結末になるような気がしてきました…

コメント感謝!

海之まりんさん>
> てことは、アスランが受け?
そう来ますか!?(笑)
私も下ネタ使ったので、あまり突っ込めません…(爆)。

かしよさん>
たぶん、あなたは三人目…。
これって、特に期限は無いんですよね?
ちょっと気になりつつも、すぐに書ける状態ではないので…、ひとまず保留でお願いします。

姫鷲さん>
レイ「そんなことしなくても、俺が手伝ってやるぞ」
…とか言っちゃうんでしょうか?
一部の腐女子は大喜びかも???

natukiさん>
今回かなり後味悪い部分もありましたが…、私はこれで「落ちる所まで落ちた」(あとは上向き)ように感じました。
結末も…そんなに悪いことにはならないのではないかと…。
ただ、残りの尺を考えると相当駆け足の展開に…???

初めて書き込みます、よろしく。
今回、みなさんが一番納得いかない部分が、シンとルナマリアの言動だと思うのですが、これは小説版読んでると、なんとか理解できます。

まずシンは視聴者の想像以上にアスランを慕っていたようです。実際に読んでもらえると分かるんですが、あれはもう尊敬とか通り越して愛の領域にまで達しているような……。
なので、アスランに裏切られた怒りと憎悪は、想像を絶するものだったのではないでしょうか。事実、種割れしてた時のシンは正気とは思えない状態だったし、我に返ってようやく自分のした事の重さに気づいて自失呆然とする描写もありました。

ルナについては「軍人だから責められない」というのも勿論あるのですが、もう一つの理由として、ルナにとってのシンは、実妹であるメイリンと同じくらい大切な者だと言う事を認識しておかねばなりません。もともと、シンとルナは「実の姉弟同然の関係」という設定がありますし、小説によるとどうやらルナがアスランの“人間性”に興味を持ったきっかけが、「ルナ(とおそらくレイも)だけが知っているシンの良さを認めてくれた、初めての上官だったから」らしいのです。つまり、ルナ→アスランの気持ちは、シンの存在を前提に成立している。それくらい、ルナにとってのシンは大きい存在なのです。アニメだけ見てると、とてもそうには見えないのが困りますが(苦笑)

自分の愛する者が、同じく愛する者に殺される……これほどの悲劇があるでしょうか?
そして極めつけが、シンの「ごめん」の一言です。このときのシンは、ルナに如何なる怒りや憎悪を叩きつけられることも全て覚悟の上で、それでも言わずにはおれなかったのでしょう。本当に「裏切ったアスランとメイリンが悪い」と責任転嫁して開き直っているのであれば、謝罪の言葉など出てこないでしょう。そして、ルナもシンの辛い胸中を理解した。だからこそシンを責められず、事態を嘆くしかなかった。シンも抱きしめているというよりは、すがりついてるように見えましたね。本当に痛々しい。

……ただまあ、これがどうしていきなり恋愛になるのかだけは理解できません。来週で、いきなり○○は無いだろ。

長文、失礼しました。

ホーク姉妹好き、というか中毒の人です。

皆様に愛されて50年、ホーク姉妹反省会はいつも変わらぬ美味しさを・・・・・・提供できねええええええ!

失礼しました。虚辛会日報中の人こと四方堂綾瀬です。

いつも皆様に楽しみにしていただき、本当に嬉しいです!

しかしながらあくまでも『本編』の姉妹を自分なりに掘り下げたくてはじめた反省会。本編で顔を合わせるスキが無ければこのフォーマットは成立しません。

というわけで、
姉妹がそれぞれに戦場を駆け抜ける、『ホーク姉妹の生きる道っ!』がスタートしました。

これからも彼女らの行く末を妄想で過剰に膨らませつつ、デスタネを楽しんで行きたいと思います。

とりあえず最大の課題『シンルナ』展開をどうするか・・・またとんちをきかさなきゃ!(遠い目)


>デストロイ弐号機?発進!
一機といわず、『デストロイの大群っ!』で(byあさりよしとお)

サテラ、シテラ、セテラ、ソテラ・・・・髪が色違い(爆)

コメント感謝!

バリスタさん>
ご丁寧な説明ありがとうございます。
そうなんですよ、設定上それぐらいあって当然なんです!それを何で本編で描写しといてくれないのか!…と。
でも、「種デス」の描写がスカスカなのは、ファンが補完して楽しむ余地を残してくれているのだと…、近頃は(無理やり)肯定的に考えるようにしています。

四方堂綾瀬さん>
ホーク姉妹好き、というかホーク姉妹反省会好きな人です(笑)。
中の人が来てくれて光栄です!
苦し紛れの新企画(失礼!)、今回もナイスな補完記事だったと思います。
さすがです。
『デストロイの大群っ!』ですか?
この際、空を埋め尽くすほどの大群で来たら怖い(いや、むしろ嬉しいかも?)ですねぇ。
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

エノモトヒデキ

  • Author:エノモトヒデキ
  • 恵の素ヒデキ(エノモトヒデキ)…色モノ系シンガーソングライター、主夫。流転する趣味…ダンス→デザイン→写真→バンド→DTM→土偶・埴輪作り→ギター弾き語り→ピアノ練習中。仏像、鉄道、読書、カーリングなどにも興味あり。
記事別拍手ランキング
逆アクセスランキング

関連サイト
【enocci.net】
enocci.net
「恵の素ヒデキ」HP。
 
【sweet gallery】
sweet gallery
ポートレート写真サイト。
 
【bitter gallery】
bitter gallery
アート系写真サイト。
 
【種っ子倶楽部DESTINY】
種っ子倶楽部DESTINY
ガンダム SEED DESTINY
ファンサイト。