ラ王(袋)。

ラ王

暑い日に汗かきながら熱い麺も悪くない…なんて、
ふと思ってしまいました。
「ラ王」の袋タイプを食べてみます。

ラ王

麺もスープもまさに王道的といいますか…。
良く言えば安心感、悪く言えば無難で面白みに欠ける…みたいな(笑)。

この手の袋麺は大概…、
茹でた鍋にスープを入れるか、あらかじめ丼にスープを作るか…ですが、
前者は鍋が油汚れになる。
後者は麺を茹でるのと別にお湯を沸かす必要がある。

しかし、これは丼に入れたスープ(原液)を茹で汁で薄めるという形式。
調理が楽だし鍋も汚さずに済むのが良いと思います。
スポンサーサイト

拍手する

夏の旨辛トマトつけ麺。

夏の旨辛トマトつけ麺

珍しい麺を見つけたので、食べてみます。
「頑者」プロデュースの、夏の旨辛トマトつけ麺。

夏の旨辛トマトつけ麺

ピリ辛なトマト味がいいですね。
ふと思いついて豆腐を入れてみたら、これがバッチリ合いました。
おいしゅうございました。

拍手する

SPAMカレー。

SPAMカレー

「SPAMカレー」なんてのを見つけたので、食べてみましょう。
「沖縄の味」はたして…?

SPAMカレー

SPAMのプリッとした食感が、カレーと合いますね。
辛さもほど良い感じで、私的には「当たり」だと思います。

拍手する

佐藤奏 vs 川口千里。

海老名にて、凄いイベント見ました。

佐藤奏(9歳) vs 川口千里(15歳)…スーパー女子ドラマー共演!
郊外のショッピングモールで、こんな凄いブッキング有りですか!?

佐藤奏 vs 川口千里

どちらも、若いどころかまだ幼い印象の可愛い女の子。
○○ちゃんと呼ぶのが似合うはずなんですけど…。
いざドラム叩けば、大先生!いや神様!っていうぐらいの、凄い技の数々。
はい、もう「様」付けて呼んじゃいます。


本日の千里様セット。

川口千里

動画では見慣れた、律ちゃんと同じ黄色のセット。
これを生で拝めただけでも感涙ものです。


奏様セット。

佐藤奏

シンプルながら渋いセットです。
これを叩くのが9歳って言うんだから…もう!!


2人のコラボ曲もあり…超絶ドラムバトル!
もう「なんじゃこりゃ?」状態ですよ。

おまけに、千里様に「二回目は別プログラム」宣言され、帰るに帰れません(笑)。
2ステージ堪能してしまいました。

途中、予定の音源が出ないというトラブルもありましたが、
「全然練習してない」という別の曲にさらっと切り替える余裕ぶり。
本当に凄いっ!
いいもの見せていただきました。


そうそう…、
こんな凄い演奏を見てしまうと、つい「自分とはレベル違い過ぎ」と思いがちですが、
今日はちょっと良いヒントをいただいた気がしています。

華奢な女の子たちが、パワフルな演奏できる秘訣。
力まかせに叩くのではなく、必要な所に必要なだけの力を使う技術。
おそらく、ドラムに限らずいろんな事に応用出来る技術。
もちろん、そのとおりに出来るためには鍛錬が必要なのはわかります。
でも、「ああ、こういうイメージでやればいいのか」というのが見えたのは、大きな収穫だと思います。

奏様、千里様、ありがとうございました!

拍手する

テーマ : 女性アーティスト
ジャンル : 音楽

大人的な…。

RED TUG

見た目はおっさん、中身はガキ…な私ですが、
たまには大人らしいこともしてみちゃう訳で…。
アイリッシュパブで、アダルティなライブに酔いしれる。
そんな夜もいいじゃないか?

拍手する

空海。

朝霞台駅前にて。
ちょっと時間の余裕があり、ぶらぶらしていたら、
「肉汁うどん 空海」という店を発見!

ちょうど小腹も空いてた所で「食うかい?(空海)」と言われりゃ…ねぇ(笑)。

「肉汁うどん」が売りらしいですが、
空海というなら精進料理じゃないの?…なんて思いつつ、
「きのこ汁うどん」を選択。

きのこ汁うどん

コシのある太麺…個人的にはもうちょい柔らか目が好みかも。
汁はコクがあって非常に美味い!
椎茸の臭みが気にならないのも高評価ポイントです。

ふと立ち寄った店で、なかなか良いうどんに出会えました。

拍手する

銀嶺の覇者。

MAN ON THE SILVER MOUNTAIN
(邦題:銀嶺の覇者)
by RITCHIE BLACKMORE'S RAINBOW



Deep Purpleを脱退したリッチー・ブラックモアが、
自らのバンド「レインボー」を結成して、一番最初の曲。
ボーカルは…一昨年亡くなられた、ロニー・ジェイムス・ディオ!

言ってみれば、「お山の大将」的な歌なんですけど(笑)。
ここ数ヶ月、何故かこの歌が気になって、たまにカラオケで歌ってました。

そういえば…先日、富士山の頂上で感じた達成感・全能感。
ああそうか!あの歌が言わんとすることは、こういうことなんだな。
まさに身をもって知った感じです。


そんなタイミングで…、
音楽酒場ピックさんにて、Rainbowファミリーのセッションイベントがあるというじゃないですか。

え?歌えるの?歌っちゃっていいの!?
練習不足なのはわかっているけど、この感動が残っているうちに演りたい!
ってことで…恥ずかしながら熱唱してしまいました。

物好きな方だけ、どうぞ!
http://youtu.be/VMK092EOWxM

拍手する

テーマ : ハードロック
ジャンル : 音楽

富士山の逆襲。

富士山から無事帰宅、一夜明けました。

足は当然痛いです。
下りで足に負担が来るのは知っていたので、
ある程度かばいながら歩いたつもり。
それでも重度の筋肉痛、マメ2つ、擦り傷少々。
筋や関節は痛めて無いので、上出来ってとこですか?

それ以上に…鏡を見て、びっくり!
顔が日焼けを越えて火傷になってる。
鼻の脇から黄色い汁が出てるし、目のまわりは腫れてるし…試合後のボクサーみたい。
勝負には勝ったけど、こっちもダメージはもらったみたいな(笑)。

確かに、2日目はやたら天気良かったですし、
富士山って、上の方は遮蔽物(樹木など)が無いので、日光は厳しいんですよね。


あまりにひどい状態なので、皮膚科を受診することに。
これがお盆明けもあってか大混雑!
2時間待って、診察2分。
疲れた?…いや、富士山に登る苦労を考えたら、この程度余裕っす(笑)。

「ふつう山ではこんなに焼けないはずですけど…」
そう言われても、現に焼けちゃったんだから仕方ないじゃん!

医師も驚くほどの日焼け!…って、
これもひとつの勲章だと思いましょう。

拍手する

富士山登頂!

去年は本八合目で撤退した富士山、今年こそ「てっぺん」を見て来よう。
去年の日記「富士山に登った」

そう思いながら、タイミングを見計らっていました。
山小屋の混雑状況を調べると…15~16日が比較的空いているらしい。
チャンスはここかな?

8/15

天候曇り、体調も悪く無い。
いざ決行!

御殿場駅に着く頃には小雨。
しばし降ったり止んだり。

五合目から歩き出すと、どんどん雨が強くなる。
合羽着ないと歩けない。
しかし、気温も湿度も高い!
汗が止まらない…合羽の中も外もびしょびしょ。

1時間も歩かないうちに、めげそうになる。
でも、さすがにまだ引き返せないだろう?
意地で歩く。

このあたりでは…雲の中から「どっかん!どっかん!」音がしまして、
雷が近づいているのかとビビってました。
どうやら、それは自衛隊の演習だったらしいです。

七合目を過ぎると、雨はおさまり始め、やがて止む。
しかし、今度は風。
かなりの強風に煽られてヨロヨロ。
しかも、気温が下がり身体は濡れている…寒くてたまらない。

寒いともよおすものもある訳で…(苦笑)、
トイレのある場所を目指してついオーバーペース気味にもなる。
そして、さらに体力は奪われる。

どうにかこうにか、明るいうちに本八合目到着。
山小屋で休んで行こう。


8/16

しか~し、休まる暇は無かった。
運悪く、僕の隣が小屋中で一番イビキうるさい人。
団体客のザワザワもあり、全然眠れず。

早い人は1時ぐらいから小屋を出発するので、人数も減り…
明け方ぐらいには少し眠れるかと期待するも、3時に叩き起こされる。
靴を間違えて行った客がいたらしく、自分の靴を確認しろとのこと。

眠るのはあきらめて、自分も出発することに。
しかし、疲労と睡眠不足の影響もあってか軽い高山病のような症状になってる。
頭痛+胃痛で食欲が無い。

無理矢理に携帯食料を少し食べて歩き始める。
九合目付近で御来光!

染まり始める空。

富士山1

ちょっと頭が出た。

富士山2

お日様ライジング~!

富士山3

そんな朝日に照らされた、僕の影。

富士山4

6時ちょい前ぐらいには頂上到着。

やっぱり頂上はいいね!

富士山5

雲上の世界にテンション上がる。

富士山6

体調も持ち直して来た感じ。
せっかくなので、お鉢巡り(頂上の外周を回ること)して来よう。

火口!

富士山7.jpg

ここ、意外な(?)感動ポイントでした。
だって、富士山の外観の写真って山ほど見るけど、
てっぺんの内側はめったに見れないじゃないですか?

剣が峰。

富士山8.jpg

ふつうの人は、この「最高峰」の石碑で写真を撮って満足してしまいますが…、

富士山9.jpg

ちょっと待て!

実は、その奥にある赤いペンキの印が付いた岩。
ここが本当の最高ポイントらしいです。

富士山10

「一番高い」ことにあやかろうというのか?
お賽銭置き場みたいになっちゃってます。

お金を踏むのは申し訳ないと思いつつ、
ここを踏んでおかないと最高点到達にならないでしょう?

富士山11

やりました!完全制覇です!
日本で一番高い場所に到達しました!


オマケ。

山頂でベッカムが鍋を囲んでいました。

富士山12

そんなこんなで、富士山登頂成功!

3776m…こんな場所まで、自力で歩いて来られた。
一歩一歩は小さくても、その積み重ねって凄いな。
これだけの力があるなら、大概のことは出来ちゃうんじゃないの?
そんな自信も湧いて来るものです。

身体はボロボロでしたが、日本で一番高い場所に立ったというのは、
特別な達成感・全能感がありました。

せっかく日本という国で生きているのなら、
みんなも一度は登ってみると良いです。

拍手する

【初音ミク】 向日葵 【オリジナル曲】

残暑お見舞い申し上げます。
ボカロ曲第二弾、公開いたしました。



タイトル「向日葵」だけに、なんとか夏のうちに完成出来て良かった(笑)。
お気に入りの曲です。
沢山の方に聴いていただけたら嬉しく思います。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm18611501

拍手する

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : 音楽

【初音ミク】 ふわふわ 【セルフカバー】

以前作った曲ですが、ミクさんでリメイクしてみました。



最初に作った時は、この曲のイメージはルカさんだと思ったんですけど、
試しにミクさんの声にしてみたら…これはこれでアリかな?と。

聴いてみていただければ幸いです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm18590366

拍手する

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : 音楽

1、2、3、だぁ~!

猪木

ちょっとした集まりがありまして、カラオケからの…何故か猪木酒場へ。

大好きな人たちと過ごす時間は、とても幸せなものですね。
こんな展開で、どうもすいません!

それにしても「1、2、3、だぁ~!」を何回やったことだろうか?
さすがに飽きてきたよ(笑)。

拍手する

DTMの楽しみ。

VOCALOIDの新曲を調整中。
ちょっとしたコツに気付いてしまった気がします。

バランスを調節する作業って、
結局のところ…耳障りな音はボリュームを下げればいい!
ってことですよね。
物事の道理って、シンプルなものだな。


音楽に限らず、苦手なものがあったら…、
無理しないでボリューム下げる。
下げれないなら距離を置く。
それだけのことでも、人生だいぶ楽になりそうです。


DTMやってると、ソフトとハードの能力のバランスで限界が決まるというか、
やってみないとわからない部分が多々あります。

ここ数日も、SONARの音がヨレるというかモタるというか、
もはやマシンの限界か?と悩んでいたんですけど、
設定を変えたらかなり改善しました。

単純にバッファは大きけりゃいいってものじゃない…みたいな。
そういう雑事も日々勉強。

手探りなことが多いのも、楽しいものです。
たとえ間違えたとしても、そのやり方ではダメだとわかる訳だから、経験値は上がるのだ!

拍手する

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

D_Driveワンマン。

D_Drive東京ワンマンでした。
神業の数々を堪能して来ました。

テクはレベル違い過ぎて、自分にはあまり参考にならないですね(苦笑)。
でも、パワーやスピリットはしかといただきました。

画像は、しまたろさんのブログに沢山載ってます。

その中で…ライブ後、メンバーが客をバックに記念撮影してる場面。
ふつうは、こういう場で出すのは「メロイックサイン」。
…人差し指と小指を立てるジェスチャー。

しかし、私…この中で「ぐわし」を出してしまいました!
…親指、人差し指、薬指を立てる(まことちゃんの決めポーズ)。

画像が小さくて、たぶん見つからないとは思いますが、
失礼しました~!(逃)

拍手する

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

エノモトヒデキ

  • Author:エノモトヒデキ
  • ヒデキです。
    マイブームは埴輪作り。
    ボカロPです。ギター弾きます。木魚叩きます。歌います。写真撮ります。書きます。デザインします。
    そして…あなたをハッピーにします!
記事別拍手ランキング
逆アクセスランキング

関連サイト
【enocci.net】
enocci.net
「エノモトヒデキ」HP。
 
【sweet gallery】
sweet gallery
ポートレート写真サイト。
 
【bitter gallery】
bitter gallery
アート系・実験系写真サイト。