fc2ブログ

「交響詩篇エウレカセブン」第33話

第33話「パシフィック・ステイト」
ゲッコーステイト解散!…即再結成
、という話でした。

いきなりオープニングのフォーマットを変えて、
サーフィンとリフの類似性を語るドキュメンタリーに…。
これをやるなら序盤(3話まで)じゃないの?
確かに今回の流れに関係はあるんですけど…。
ここでやっちゃったら鼻につくとか、説教臭いとか思ってしまう次第です。
映像自体はスタイリッシュで良いだけに、もったいない気がします。

およそ8年前…「もののけ姫」という作品のキャラクターのひとつに、
「コダマ」と呼ばれるものがあった。
それらは群れて生息し、何やら意味あり気な生き物…、
我々の世界の「スカイフィッシュ」に良く似た存在だったと言われている。
アニメを好む者、すなわちオタクと呼ばれる人々は、
そのキャラクターや行動パターンを考察し、
そのアニメのテーマ、世界観を感じ取ろうとしていた。

…なんてね!…使い易い(遊び易い)フレーズかも(笑)。
 あ、さらに遡ると、ムーミン谷の「ニョロニョロ」ってのもいますけど(蛇足)。

さて本編は、戦いに赴く前の、揺れ動きと小休止エピソード。

これまでのように軍や政府を相手にするだけではなく、
化け物みたいなコーラリアンと戦う局面もあり得る。
人間とコーラリアンの共生を目指す…というのも、そう簡単ではない。
揺れ動くゲッコーステートの面々。
そんなことより、エウレカとの思い出作りに燃えるレントン。
それに手を貸しつつ、自分の思いを確かめて行くタルホ。

病み上がりのホランドは、リフも満足に出来ない。
それでも「リフも、リフが出来るこの星も大好きだ」と、
戦いの決心を固めて行く。

そして、ゲッコーステート解散宣言!
決戦前に乗員の意志を問うのは…伊507、アークエンジェル…
この手の話には必ず入るエピソードですね。
…お決まり過ぎて、私はいまいち泣けなかったなぁ。
メンバーは全員残ったけど、トレゾア技研の人たちは降りたのかな?

「パシフィック・ステイト」とは写真のタイトルでした。
pacific…平和的な、和解的な。
Pacific…太平洋(かつてサーファーが好んだ「海」)。
両方をひっかけたタイトルなのでしょうね。

交響詩篇エウレカセブン 2006カレンダー
「エウレカセブン」関連グッズ御紹介。
次回「インナー・フライト」
下着が飛ぶ!?…んな訳ゃ無ぇ~!
スポンサーサイト



拍手する

テーマ : 交響詩篇エウレカセブン
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

エノモトヒデキ

  • Author:エノモトヒデキ
  • 恵の素ヒデキ(エノモトヒデキ)…色モノ系シンガーソングライター、主夫。流転する趣味…ダンス→デザイン→写真→バンド→DTM→土偶・埴輪作り→ギター弾き語り→ピアノ練習中。仏像、鉄道、読書、カーリングなどにも興味あり。
記事別拍手ランキング
逆アクセスランキング

関連サイト
【enocci.net】
enocci.net
「恵の素ヒデキ」HP。
 
【sweet gallery】
sweet gallery
ポートレート写真サイト。
 
【bitter gallery】
bitter gallery
アート系写真サイト。
 
【種っ子倶楽部DESTINY】
種っ子倶楽部DESTINY
ガンダム SEED DESTINY
ファンサイト。