「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第23話

第23話「戦火の蔭」
先週の予告…熱き海、切り裂け!グフ!
それなのに…逆に切り裂かれちゃったぞ!グフ!
ハイネ・ヴェステンフルスさんのご冥福をお祈りいたします。

突如現れたフリーダムに、タンホイザーを破壊されたミネルバ。
連合もオーブ軍もポカ~ンとする中、
アークエンジェルからはストライクルージュが発進する。

「オーブの理念に従い、軍を退け!」というカガリ、
かと言って退くに退けないオーブ軍。
ネオにプレッシャーをかけられ、ユウナはルージュ攻撃の命令を下す。
…一見、ユウナのへたれっぷりが強調されているようですが、
 ここは、ユウナでなくてもそうせざるを得ないでしょう。
 もし退くそぶりを見せたら、ファントムペインにボコボコにされちゃいますし。

フリーダムがルージュを守ることを期待し、トダカ一佐は苦渋の攻撃命令!
得意のマルチロックオンでミサイル全弾迎撃するキラ。

ネオは、その隙にMS隊を発進させ、ミネルバ攻撃にかかる。
ミネルバも、残りの全機発進!
「ハイネ・ヴェステンフルス、グフ、行くぜ!」
さあ、ハイネさん最後の勇姿を目に焼き付けましょう。

左舷弾幕薄いぞ!な~にやってるの!うちもさっさと攻撃させて!」
オーブ軍もMS隊をミネルバに向かわせる。

キラは、手当たり次第にモビルスーツを半身不随に。

ハイネ・グフはガイアをムチ打ちの刑&電気ショックの刑。
「ザクとは違うんだよ!ザクとは!」
…案の定言っちゃいますか!?ちょっと興ざめ。
 そもそも、ステラたんいじめちゃダメです!

シンとニダは激しい撃ち合い。
オクレ兄さんはアスランに苦戦中。
「ちい~っ、戦闘能力で負けている!?俺が!」

カガリの声は聞き入れられず、ついには自分たちも攻撃される。
カガリ号泣!
…こうなること、アークエンジェルの面々は予想しなかったんでしょうか?
 カガリをおだてて送り出したように見えたんですけど。
 もしや、AAクルーによる集団いじめですか?
その上、キラもバルトフェルドも「役立たずは下がれ」とカガリに追い打ちかける。
もはやカガリは、お父様の回想するしかありません。

虎スーツのアンディ、
「俺はキラほど上手くないと言ったろうが!落としちゃうぞ!」
…いいえ、その言葉、マリューさんには言ったけど、敵には言ってませんよ。

ここで曲は「ミーティア」に…これがハイネさんのレクイエムだったとは…。

アスランの声はキラに届かず、インパルス、アビスも損傷。
調子こいたフリーダムに怒りを見せるハイネ&ステラ。
しかし、キラはグフもガイアも一蹴。
「あたしを…あたしをよくも…、いやぁ~あ!」
ステラは、フリーダムに向け突撃ジャンプ!
が、その前に割り込んだのはハイネのグフ。
「ハイネ、後ろ~!」(cf.「志村、後ろ~!」)
…後からステラにばっさり!…ぐふっ。
(ドラクエで人が死ぬとき「ぐふっ」って言いますよね。グフって縁起悪いよ)
「ハイネ~!」
アスランが叫んだ時には、すでに遅し!

ガイアは結局、フリーダムに蹴り落とされる。
それを拾いに行くオクレ兄さん。
ちょうど帰還の花火が上がり、そのままガイアお持ち帰り。

唖然とするザフトの皆さんを置き去りにして、
悠々と去るフリーダム&アークエンジェル。

おしまい

ステラたんをいじめたハイネは、結局ステラたんに斬られてしまいました…と。
まぁ、あれだ。今日の教訓は「因果応報」ってことだな。

ハイネは、せっかくキャラ立った所で、もったいない。
死なない退場の仕方もあったと思うんですけどね…。
この先、ニコルの死と対比でアスランの変化が描写されるのかな?
あの時みたいに「決闘」にはならず、「話し合い」になるようですし…。

キラたちの行動は、前作から見てる人には理解できても、
あの場の当事者にとっては、勝手にかきまわした訳わかんないヤツら…ですよね。
一体どうすんのよ!?これから…???
大量破壊兵器を壊し、両軍の間に割って入る…という意味では、
前作ラストのヤキン・ドゥーエ戦の時と同じことをしているはずなのに、
どうにも後味悪いのは何故だろう?

ガンプラCMは、成美ちゃんのお父さん登場!(何だこりゃ?)
フレッツも新(シン)バージョン。(シンのボケっぷりが可愛い)

次回「すれ違う視線」
飛び立て!セイバー!
(「何へ」って言ったのか聞き取れなかった)
ミネルバは修理中。
シンとレイの見たものは?
キラ、カガリ、アスラン、ミリアリア…再会ですか!?

種っ子倶楽部DESTINY
↑前話までの感想などは、こちらをどうぞ…“SEED DESTINY”ファンサイトです。

BGM: Meteor-ミーティア- by T.M.Revolution
スポンサーサイト

拍手する

映画「ローレライ」

新宿に買い物に行きました。
お目当てのものを手に入れ、帰りがけに金券ショップに寄ったところ…、
映画「ローレライ」のチケットがあるじゃないですか!
しかも、上映時間見たら…10分後に始まる!…って、
「なら、見るしかないじゃないか!」
(と、アスランの声が聞こえた気がしました)

いそいそと映画館に入る。
カップルやら女性グループやら、いたって普通の客層に少々拍子抜け。
(もっと濃い人たちが集まるものかと…)

本編前の予告編が、「交渉人 真下正義」と「容疑者 室井慎次」でした。
おかげで、本編でも柳葉=室井さんに見えて困りました。
(この際、室井さんに「俺のじいさんは潜水艦乗りだった」なんてセリフがあったら楽しいかも。
…「踊る」シリーズなら有り得る?)

いざ始まると…。
スピード感ある展開、メカ(潜水艦カッコいい!)、男のドラマ(役者も豪華)、
そして萌え要素(「香椎かわいいよ香椎!」)、どれも楽しめました。

「いや~ぁ、いい映画でしたねぇ!」
(見終わった後、私はアーサーになっていました)

人を滅ぼして新たな世界の構築を目論む者 vs その世界を守りたい者、
という図式は「ガンダム」そのもの(強化人間も出ましたし)ですし、
ひとクセある乗組員とか、終盤の展開は「ヤマト」っぽかったり、
庵野さんや富野さんが出演まで…(さすがに良くわからなかったですが)、
アニメ好きはにやりとしてしまう所が随所にありますね。
そのあたりは、さすが樋口監督というべきか。

私としては、乗員が集められる経緯とか、発進シーン(これ重要!)が
見られなかったのがちょっと不満。
終盤ひとりずつ死んで、お約束のお涙頂戴的展開だったのも、いまいち。
特に、室井さん木崎は、あやとりの紐きっかけで脱出して欲しかった。
子供の願いは、父親が職務を果たすことより、無事帰って来ることですよね。
あと、CGのクオリティが(映画の大画面には)ちと厳しかったかな。

それら不満な部分も、展開の速さと話の面白さのおかげで致命傷にはならなかった感じ。
画がしょぼくても音響の良さでカバーしてましたし…。
とりあえず2時間、じゅうぶんに楽しませてもらいました。

時間の制約で、ストーリー的にはかなり端折った感じもありましたので、
これから、小説版「終戦のローレライ」を読んで補完しようと思います。

とりあえず私の中では、「私は歌が好き」な人と、「海見てるの好きだから」の人が、
どうにもイメージが重なってます(笑)。

最後にひとつ…。
樋口監督にぜひ撮っていただきたい物があります。
それは、「ゴジラ vs ガメラ」。
怪獣ファンの最後の夢、かなえてくれるとしたら樋口さんしかいないと思うのですが…。
どうでしょう?

BGM: ローレライ O.S.T.

拍手する

世界フィギュア

優勝、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5.村主章枝
6.安藤美姫
9.荒川静香

という結果でした。

事前のフジTV煽りでは、日本人が表彰台独占!ぐらいの勢いでしたが…。
確かに日本の女子フィギュアはレベルが高い!
でも、世界のレベルも高かった!ということのようです。
もちろん、日本人選手もこれを糧にさらに上を目指してくれるでしょうし、
トリノオリンピックへ向けて楽しみな種目だと思います。

私なんぞも、安藤美姫目当ての俄かファンなので、技術的なことはわかりません。
アクセル、ルッツ、トゥループ、…どう違うのかわからないですし…。
なんか回りながら飛んでる!ぐらいで、何回転したのかも見えないし…。

それでも「凄げぇな!」とか「美しいな!」ということは伝わって来るわけで、
どの選手の演技も素晴らしいものでした。

安藤美姫選手は、結局今期は4回転ジャンプを使いませんでしたね。
どうやら、ジャッジの方法が変わったので、難しいことに挑むことよりも
ミスをしないことが大切なのだとか?

しかし、それってどうなんでしょう?
挑戦する姿勢こそがスポーツの魅力なのではないのでしょうか?
判定決着が増えたK-1、タイヤやエンジンをいたわらなければならないF1、
スポーツ界がこぞって保守的になりつつあるように思うのは、気のせいですか?
そしてマスコミも、競技に関係ない部分で騒ぐのはやめて欲しいな…。

どんなスポーツでも、選手たちが競技に集中できる環境を作って欲しい。
そして素晴らしい戦いを見せてくれることを願います。

BGM: ガッチャマンの歌 by 子門真人
(↑火の鳥つながりで…)

拍手する

F1・マレーシアGP。

【決勝リザルト】
1.F.アロンソ(ルノー)
2.J.トゥルーリ(トヨタ)
3.N.ハイドフェルド(ウィリアムズ)
4.J.P.モントーヤ(マクラーレン)
5.R.シューマッハ(トヨタ)
6.D.クルサード(レッドブル)
7.M.シューマッハ(フェラーリ)
8.C.クリエン(レッドブル)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
佐藤琢磨(B・A・R ホンダ)は発熱のため欠場。

【感想】
レギュレーション変更の影響で、タイヤとエンジンをいたわるあまり、
バトルが見られなくなることを心配したのですが、
今回はそれなりに楽しめるレースでした。
1位、2位は間隔があきましたが、3位以降は混戦。
特にフィジケラvsウィリアムズ2台vsラルフは、激しかった。

アロンソ優勝おめでとう!ルノーは安定して強いですね。
レッドブルもきっちり入賞圏内…なかなかやるなぁ。
一方、どうしたフェラーリ?新車の投入待ちですか?

予選は良くても決勝に問題ありだったトヨタ…やっと表彰台ゲット!おめでとう。
逆にホンダは、佐藤琢磨欠場。おまけにエンジンブローで2台とも序盤でリタイヤ。
最悪のグランプリになってしまいました。

次戦、バーレーンGPではホンダの巻き返しなるか?楽しみです。

BGM: DOGFIGHT by move

拍手する

K-1韓国大会

K-1 WORLD GP 2005 in SEOUL
【試合結果&感想】
ASIA GP1回戦
○ガオグライ・ゲーンノラシン ×張慶軍 (3R 判定3-0)

序盤堅さも見られたガオグライですが、まぁ順当勝ちでしょう。

×イ・ミョンジュ ○堀啓 (3R 判定3-0)
キャリアの差…という所でしょうか?

○曙 ×角田信朗 (3R 判定3-0)
今までの試合では、せっかくコーナーに詰めてもパンチが出なかった曙ですが、
今回少しはパンチが見られた。おかげで初勝利!おめでとう。

○チェ・ホンマン ×若翔洋 (1R1分40秒 KO)
若翔洋は準備不十分の印象でした。

ASIA GP準決勝
○ガオグライ・ゲーンノラシン ×堀啓 (3R 判定3-0)

堀選手は仮想ガオグライの練習を積んできたようですが、本物は勝手が違った?

×曙 ○チェ・ホンマン (1R0分42秒 TKO)
足の負傷で、あっさりタオル投入。
前の試合で後半バテバテだった曙、ケガが無くてもダメだったでしょう。

ASIA GP決勝
×ガオグライ・ゲーンノラシン ○チェ・ホンマン(延長R 判定3-0)

体格差ありすぎで、決め手に欠いた感じの試合でしたが、
パワーでどうにか押し切った印象。
チェ・ホンマンは、あの巨体なのにスタミナ切れないのは恐るべし。

【全体的な感想など】
曙、初勝利もいまいちパッとしない感じ。
後半のバテバテぶりを見ても、そろそろ潮時では…?
プロレスの方で頑張ってください。

角田さんは残念。やはり歳には勝てなかったのか?
今週、フジTVがプッシュしていたスポーツ選手、総崩れですよね。
(F1・佐藤琢磨…発熱で欠場、フィギュア・安藤美姫…表彰台に届かず)
ヤバいぞフジTV(いろんな意味でね)。

チェ・ホンマンがこれほどやるとは…驚きました。
あのデカさで、あのスタミナは脅威です。
今後数ヶ月でさらにテクニック磨けば、グランプリでも活躍しそう。

あと、レミー・ボンヤスキーvsレイ・マーサーもあったけど、
レイ・マーサー戦意喪失早過ぎ!…がっかりです。
やられたらやり返すのが格闘家じゃないんですか?

K-1関連の映像ソフトはこちらでどうぞ。

BGM: ソウルトレインのテーマ by スリー・ディグリーズ
(↑そのソウルじゃありませんから~ぁ!)

拍手する

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第22話

第22話「蒼天の剣」
月近くの戦闘。
ジュール隊の活躍でザフト優位の模様。

TV部屋では、怒るジブリール。
同盟に綻びが見える、連合の現状。
しかし、手一杯だという大統領。

ポク、ポク、ポク、ポク、…、チーン!(ひらめいた!)
「そうだ、オーブですよ!」
黒海にオーブ軍を派遣しようと…。
言ったとたんに、舞台はオーブ。
士官たちに派兵の決定を伝えるユウナ。

停泊中の地球軍艦隊。
ステラ「あっち行って!さわんないで!」
…てっきりまた、乳をさわられたのかと。
 実は、シンに巻いてもらったハンカチを取られたくなかったんですね。

ネオになでなでされたステラたん。ご機嫌直して、おやすみなさい。

ネオ「我ながら、なかなか悪いおじさんになった気がするよ」
  「記憶ってのは、あった方が幸せなのか、無い方が幸せなのか…、
  時々考えてしまうなぁ」

技師は「情をうつすとつらいですよ」と言うが、ネオは思うことがある様子。
ネオ「あれほど死ぬのを怖がるあの子が、死なずに済むには…、
  敵を倒し続けていくしかないんだ」


ミネルバ艦内を見て回るハイネ。
パイロットたちに、「隊長」と呼ぶのはやめて名前で呼べと、
ザフトのパイロットはみんな一緒だと言う。
ハイネ「命令どおりにわーわ-群れなきゃ戦えない、
  地球軍のアホどもとは違うだろ」

気さくなハイネに、悪い気はしない様子のパイロット陣。
アスラン「俺もああいう風にやれたらいいんだけどね」

勇壮に進むオーブ軍艦隊。
空母タケミカズチ艦内では、ユウナさんゲロゲロ。
観客がいないから、インド洋ではなく、喜望峰まわりで行くのだとか。
オーブの理念に反していると、派兵に疑問を唱える副官。
これも国を守るために仕方ない、せめてカガリ様が見ていてくれることを祈ろう
というトダカ一佐。

地球軍艦隊では、「やること多くて大変だなぁ」と、ぼやくネオ。
目を覚ましたステラは、
あれほどこだわっていたハンカチを、「何これ?」とベッドに置きざり。
…そう都合良く、戦闘以外の記憶だけ消せるんでしょうか?

入港するオーブ艦隊。
すぐにその情報は、ザフト基地にも伝わる。

カメラマン仲間から、それを聞くミリアリア。
「えっ?それ本当!?」
…登場3回目にして、ついに喋った~!
 キラの時もそうだったけど、セリフ言うまで引っ張り過ぎです。
 もしや失語症…とか心配しちゃいますから。

ユウナとネオが握手。
…表面的にはにこやかにしていますが、内心ではきっと、
 「こんなキモイやつ(変態仮面)と握手なんかしたくない!」
 「こんなキモイやつ(ナヨナヨ男)と握手なんかしたくない!」

 と、お互い同じことを思っているでしょう。

アークエンジェルも、オーブ参戦の情報を知ったのか、
きょとんとした表情のカガリ。

ミネルバでは、作戦会議中。
あの部隊(ファントムペイン)がいるのが面倒だという。
そして、増援がオーブ軍だとアスランに伝える艦長。
戦闘は避けられないとも…。

その頃シンは…。
ステラにもらった貝殻を、マユの携帯の隣に置いた壜に入れる。
表情ちょっとにやけてます。
…シン・アスカ、趣味は美少女グッズの蒐集であります!

出航するミネルバ。
シンとルナマリアはお食事中。
敵の援軍がオーブだと聞き、怒りをあらわにするシン。

甲板ではアスランが…。
「海…見てるの…好きだから」
そうじゃなくて!オーブのことを思い出して、浮かない顔。
そこへ来たのは、ハイネ。

ハイネ「戦いたくないか?…オーブとは」
アスラン「…はい」
ハイネ「じゃあお前、どことなら戦いたい?」
アスラン「え?」
  「いや、どことならって、そんなことは…」

ハイネ「あ、やっぱりぃ?…俺も!」
  「そういうことだろ?
  割り切れよ。
  今は戦争で、俺たちは軍人なんだからさ。
  でないと、死ぬぞ」

アスラン「はい」

地球軍+オーブ軍艦隊、密集隊形で進む。
…そういえば、この前「ローレライ」の樋口監督が言ってました。
 現実には、艦隊がこんなに接近した隊形を組むことは無いけれど、
 その通りに描写してしまうと画面がスカスカでつまらないのだとか。
 「リアル」よりも「けれん」が大事な場合もあるのだそうです。

「さすがオーブの最高司令官殿ですなぁ。頼もしいお話です」
とユウナを持ち上げ、先陣はオーブにと仕向けるネオ。

出撃前、オーブにこだわりを見せるシンに、話しかけるアスラン。
「カガリがいれば」というアスランに、
「アスハはみんなそうだ!」と、怒るシン。
しかし、
「君は本当はオーブが好きだったんじゃないのか?」
と言われて、はっとする。

「ダルダロスの暁作戦」などと、勝手に命名しウンチクをたれるユウナに、
「は?」…やれやれと言った表情のトダカたち。
オーブ軍MS隊発進!

「元気ですなぁ、オーブは」という艦長に、
「守るべきものがあるヤツは強い」と、ネオ。
「本当にこれで、今度こそ、あれを落とせりゃいいんだが」

ミネルバからは、インパルスとセイバーが発進。
次々とオーブ機を落とす、シン。
さらに、タンホイザー発射準備!
…かつてマリューさんは、艦がピンチの時でも汚染を気にして、
 ローエングリンの使用をためらいました。
 一方、タリアさんはすぐにタンホイザー使いたがります。
 やっぱり、コーディネーターは通常宇宙に住んでいるから、
 地球の環境汚染に配慮が足りないのでしょうか?
 それとも、あれから2年、陽電子砲にも汚染を減らす改良が…?

「あ~、そこのカメラマン、危ないから下がりなさい!」
…なんて、止めてくれる人もいないし、撮りまくるミリィ。

たった2機に押されるオーブ軍。
かっとなり、無理やり全機発進させるユウナ。

ファントムペインは待機中。
斬りまくるシン。
ぬるい攻撃しかできないアスラン。
ハイネ、ルナ、レイも待機中。

起動するタンホイザー。
アーサー「て~っ」
その発射間際のタンホイザーを、ピンポイントで撃ち抜くビーム。
こんなことするのは、ヤツしかいない。
案の定舞い降りる、青と白の憎いヤツ…フリーダム参上!

シン「なんだ?」
キラ「なんだチミは?ってか…?そ~うです、わたすが…」(嘘)
…「剣」じゃなくて「(志村)けん」だったというオチで…(自爆)。

アスラン「フリーダム?キラ…」
キラ様大アップで…本日終了!

タイトルが「PHASE-21」だったとか、戦闘シーンにストライクが登場してたとか、
他のブログ見て回るまで気付かなかった私。
…すっかり冒頭のステラたんにやられてました。
やっとしゃべった~!けど一瞬だけだったミリアリア。
一方ハイネはセリフ多かった。西川さん良く頑張った!
そして毎度のことながら、キラはいいとこ持って行くなぁ…。
回想も少なめだったし、今日も楽しいDESTINYでした。

次回「戦火の蔭」…「天下のハゲ」ではありません。
熱き海、切り裂け!グフ!
カオス・ガイア・アビス発進!(「ステラかわいいよステラ!」)
アークエンジェル被弾?(ってことはマリューさんの乳が…)
カガリ回想。(おとうさま~!)
虎専用機発進!(ムラサメ・タイガー?)
…などなど。三つ巴の戦い…一体どうなってしまうのか~!?

種っ子倶楽部DESTINY
↑前話までの感想などは、こちらをどうぞ…“SEED DESTINY”ファンサイトです。

BGM: タイガー&ドラゴン by クレイジーケンバンド

拍手する

ひと言多い人たち…種デス第21話異聞

21話、ついついお祭りモードで浮かれてしまいましたが…。
落ち着いてみると、言いたいことを言ってくれない登場人物たちに、
正直もどかしさを感じた部分もありました。
そんな訳で、勝手にもうひと言しゃべらせてみる企画です。

【その1】
ミーア「だって、久しぶりに婚約者に会ったら、普通は…」
アスラン「ラクスは、そんなことはしない!」
ミーア「しないのぉ?なんで?」

アスラン「ラクス・クラインという女はだなぁ…。
  『信じて戦うものは何ですか?』とか…難しいこと言って人を煙に巻いて、
  挙句の果てには、戦艦を強奪して戦争しに行ったり…。
  男といちゃつくより、そういう無茶が好きなんだよ!
  わかったか~ぁ!」


…そしてその言葉が、ミーアをさらに無茶な行動に駆り立てるのであった。

【その2】
アスラン「君は誤解してるし…。それによって、そういう態度を取られるのは困る」
ルナ「誤解…?誤解も何も無いと思いますけど。
  わかりました、以後気をつけます。ラクス様がいらしている時は…」

アスラン「いや、だから…」
ルナ「大丈夫ですよ。
  おふたりのことは、あたしだってちゃんと理解しているつもりですから」


アスラン「この際はっきり言っておく、俺は女には興味無い!
  俺が本当に好きなのは、キラ・ヤマトだぁ!」


…よろよろとその場を去る、ルナマリア。

【その3】
ハイネ「お前たち、昨日のミネルバのひよっこだろう?」

ルナ「ひよっこじゃありませんよ~。
  あたし、ルナマリアです。ルナマリア・ホーク。
  今度、グフのコクピット見せてくださいね!」


…立ち直り早っ!…FAITHなら誰でもいいのか?

【その4】
ステラ「はい」
シン「俺に…?くれるの?ありがとう」

シン「これは…、FAITHのバッジじゃないか!?
  艦長、アスランさん、ハイネさんに続いて、ついに俺にも…。
  やった~ぁ!!!」


…いや、それはちょっと違うみたいですけど。
 ステラ特務隊に任命されたシン・アスカの健闘を祈りつつ…おしまい。


種っ子倶楽部DESTINY
↑“SEED DESTINY”ファンサイト…あわせてご覧いただければ幸いです。

BGM: メリー・ゴー・ラウンド by 山下達郎

拍手する

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第21話

第21話「さまよう眸」
まずは…海辺ではしゃぐステラ。
…って、おい!復習無しで始まる「種デス」なんて…、
 良いとか悪いとか置いといて、びっくりしたぞ!
 今日は回想無しで、ぐいぐい進んじゃいますか~ぁ!?(高まる期待)
 まさに革命的!(今回T.M.Revolutionさんの出番が多い伏線ですか?)

お屋敷からステラを見守るアウルにだ。
ファントムペインは、ずいぶん立派な所に住んでるんですね。
オクレ兄さんはPCで何やら…仕事してるのか、エロサイト見てるのか、さだかではない。

議長はヘリで飛び立つ。
相変わらずお忙しいようです。

お目覚めのアスラン…隣にミーアを発見し、びっくりしてベッドから落ちる!
…いくら何でも驚き過ぎ!まるでお笑い芸人並みのリアクションです。

そこへルナマリアがお迎えに。
あわてふためくアスランを置いといて、ミーアがドアを開ける。
「アスランは後から、わたくしと参りますわ」
ルナマリア、ぽか~ん。よろよろと退場。

「どういうつもりだ!」
エキサイトして、ミーアに詰め寄るアスラン。
「だって、久しぶりに婚約者に会ったら、普通は…」
「ラクスは、そんなことはしない!」
「しないのぉ?なんで?」

…♪なんでだろ~ぉ、なんでだろ~(古っ)。
 ってか、ミーアさんこそ、サンタクロースみたいな格好で寝てるの「なんで?」

爆笑のうちに…ここでやっと主題歌。
凄いよ、こんな面白いこと。やればできるじゃん!(→制作者さま)

ルナ「シンはいいわよねぇ!
  昨日はあ~んなお褒めの言葉までいただいて。
  今日はオフだし。
  ルンルンだわよねぇ」

シン「どうしたの?」(ルンルンなんて…死語使ってるし)
ルナ「別にぃ」
  (とは言ったものの、あたしは議長に褒めてもらえなかったし、
  アスランはラクスに取られちゃったし…踏んだり蹴ったりだわ)

ハイネ「お前たち、昨日のミネルバのひよっこだろう?」
そこへアスランとミーアもやって来て…ハイネいっぱい喋ってるよ。

ハイネ「なのに、何で俺にそんな船に行けと言うかね?議長は…」
一同びっくり!
「なんかめんどくさそうだよな、FAITHが3人ってのは」…とぶっちゃけた後に、
「議長期待のミネルバだ、何とか応えて見せようぜ!」…前向きな発言。
どうやら、ハイネは気さくなお兄さんキャラのようです。

「よろしくお願いします」と敬礼のミネルバ・トリオ。
この時、ルナマリアとシンのアホ毛の向きが揃ってて、兄弟みたいでした。

ヘリに乗り込むミーアを見送るアスラン。
キスは断固拒否です!
しかし、一部始終を見ていたルナマリアはむくれています。
挙句の果てに…「女でも叩きます?」と来たもんだ。
アスラン「君は誤解してるし…。それによって、そういう態度を取られるのは困る」
ルナ「誤解…?誤解も何も無いと思いますけど。
  わかりました、以後気をつけます。ラクス様がいらしている時は…」

アスラン「いや、だから…」
ルナ「大丈夫ですよ。
  おふたりのことは、あたしだってちゃんと理解しているつもりですから」

  (つもりですけど、落ち着かないのが女心ですかねぇ…)

ここで、街の人々の会話。
「乱暴者の連合軍に比べたら、全然マシ」だとか…。
議長とラクス(偽)のお出ましは、概ね好評のようです。
さすが議長!民衆の心もゲットだぜぇ!

メイリン、ヨウラン、ヴィーノはオープンカフェでお茶してます。
…結局、この3人なのね(仲良しなのか腐れ縁なのか…)。
アーサーは、資材搬入の監督中。
…ボケ役だけじゃありません。ちゃんと仕事してます。
タリア艦長は、ハイネの資料を見て、ため息。
…気になるのは議長の企みか?
アスランは、PCで何やら…仕事してるのか、エロサイト見てるのか、
…いや、オーブの情報を見ているようです。
ルナマリアは、お着替え(私服持ってたのね)。
…とりあえず、ひとりで出掛ける気になったのかな?

バイクで疾走するシン。
…あっちゃ~ぁ!ここで回想入りました。
 回想無しで一話やるのは、やっぱり無理なのか!?

海辺に来たシン。
岩場で踊るステラを発見!
「嘘だろ!落ちたぁ!?」
…嘘も何もありません!本当に落ちましたから~。

海に飛び込むシン。
…何かめっちゃ深いんですけど。そんなに急に沈むものですか?
どうにか引っ張り上げ、
暴れるステラに引っかかれ、
ふらふらになりながらも、浅瀬に戻る。
「死ぬ気か!?このバカ!」
…言っちゃいました、ブロックワード。
錯乱するステラ。
追いすがるシンに、カウンターでエルボー一発!
吹っ飛ばされたシン…閃いた…この子は戦争の被害者だと思ったようです。
「大丈夫だ!俺がちゃんと、俺がちゃんと守るから」
…そんな安請け合いしちゃっていいんでしょうか?

ステラの傷に布を巻き…。
しかし、泳げないと岩場を抜け出せない。
日暮れも迫り、困ったシンは救難信号を…。
…ここで何やら切ない歌が始まります。
 (エンディングによると、「深海の孤独」…歌うは桑島さん!)

焚き火で服を乾かす。
「名前…ステラ。街…知らない」
「一緒はネオ、スティング、アウル…。とうさん、おかあさん、知らない」
「ステラを守る。死なない」

…たどたどしいステラたん萌え~。
「ステラかわいいよステラ!」

シンに何かくれるステラ。
くれた物より、ステラの裸にうろたえるシン。
それそれ~!
♪裸祭りじゃ、わっしょい!わっしょい!

…待て、落ち着こう。もらった物は何?白い半月形のものでした。
 安っぽく見えるけど、重要なアイテムかもしれないぞ。

「休暇中にエマージェンシーとは…」
助けに来たのはアスランでした。
帰りの船上で…、
「名前しかわからないとなると、基地に連れて行ってそこで身元を調べてもらうしかないな」
いきなりの急展開を期待しちゃいました…が、
探しにきたオクレ&ニダをステラが発見!

微妙な緊張感の中、ステラたん御返却~!
アスラン、以前こいつらを見かけたことを思い出す。
…シンは、ステラの乳触ったこと思い出さなかったのに。
 アスラン・ザラ胸囲の脅威の記憶力…さすがはFAITH特務隊!
しかし、それを口には出さず。
…記憶に自信が無かったのか、それともここで揉めたくなかったのか?

「シン、行っちゃうの?」
「きっと、また会えるから!」

…シンくん、また安請け合いです!たぶん本当に会えるけどね…(笑)。

…終…。

ガンプラCMは、ハイコンプロ
ガンプラの技術から生まれた完成品なんですか…へぇ~!
そういえば、昨日の「空耳アワード」で毛ガニ飼ってた子、
ガンプラのCMに出てた男の子ですよね?(今日は出なかったけど)

フレッツは先週と同じのでした。もう1パターンは出し惜しみ?

次回「蒼天の剣」
混迷の戦火、撃ち抜け!フリーダム!

ユウナとネオが会ってる~!
ミネルバと連合(+オーブ)が戦いになって、そこへAAも来るのでしょうか?
ジブリールも何か怒ってるし、ついにオールキャスト勢ぞろいですか~!?

ミーア、ルナマリア、ステラ、それぞれに見せ場があり、ハイネも登場、そして裸祭り!
一見地味だけど伏線になりそうな、ファントムペインとアスランの遭遇もあり。
…まさにお腹一杯でございます。ごちそうさまでした!
 どうか、この勢いで疾走してください。

種っ子倶楽部DESTINY
↑前話までの感想などは、こちらをどうぞ…“SEED DESTINY”ファンサイトです。

BGM: 深海の孤独 by 桑島法子

拍手する

御難続き。

やっとインフルエンザのセキがおさまってきたと思ったら…。
なんと昨夜、キャラメル食べたら…歯が取れた!
おまけに、ネット見ようと思ったら…つながらない!
(どうやらIEが壊れたらしい)

何はともあれ歯が欠けたままでは、不便なので、まずは歯医者へ。
診てもらった結果、虫歯のせいで歯が欠けたらしいです。
おまけに他にも虫歯を発見され、当分歯医者通い決定!
…でも、美人の女医さんだったので、つらさも半減(泣笑)。

さあ、次はIE復旧!
…が、再インストールしようとすると、
「すでに最新版のIEが入っているのでインストール出来ません」
何てこった~!
IEってWindowsと密接につながっているので、IEだけ再インストールは出来ないらしい。

Windowsの再インストールを覚悟し、
まずはハードディスクのバックアップを取らねば…と、外付けHDDを買いに出かける。
まぁ、これ自体は、普段のバックアップの必要性も感じていた所だったので、
ちょうど良い機会だったかも。

そしてバックアップ開始。
さすがに、ハードディスク全部をバックアップするのは時間もかかる。
どうやら今夜中には終わりそうもありません。
その間に、ネットで、再インストールの方法を調べまくる。
裏技(レジストリいじり)で、IEだけ入れられるらしい。
せっかくここまで来たし、念のため全部バックアップ終わってからインストールしよう。
そんなこんなで夜が更ける。
…急ぎの仕事があるのに、余計なことで一日つぶしちゃったよ(泣)。

BGM:ドタバタギャグの日曜日 by チェキッ娘

拍手する

F1・オーストラリアGP。

【決勝リザルト】
1.G.フィジケラ(ルノー)
2.R.バリチェロ(フェラーリ)
3.F.アロンソ(ルノー)
4.D.クルサード(レッドブル)
5.M.ウェーバー(ウィリアムズ)
6.J.P.モントーヤ(マクラーレン)
7.C.クリエン(レッドブル)
8.K.ライコネン(マクラーレン)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
14.佐藤琢磨(B・A・R ホンダ)

【感想】
レギュレーション変更後の初戦。
なるほど、タイヤ交換出来ないと、こういう結果になりますか。
車のバランスが良くタイヤに優しいルノーには有利、
逆にパワー重視のホンダなどは不利なのかな…と思われました。

予選が良かったトヨタのトゥルーリ、決勝では沈む…タイヤトラブルだったとか。
逆にスターティング・グリッド悪くても、きっちり表彰台に上がったバリチェロ。
やはり、今年もフェラーリは強いのか!?

フィジケラさん、優勝おめでとう!
彼に対して悪意は無いのですが、どうも「フィジケラ」と聞くと「虫けら」を思い出す。

マクラーレンの車、小さいウイングが斜めに付いてて、なんだかガンダムみたい。
クルサード(レッドブル)が4位と、意外な健闘。
などなど、いろいろ楽しい2005初戦でした。

残念だったのは、佐藤琢磨選手。
このルールでは去年と違って苦戦のシーズンとなってしまうかも…。
とりあえず、このままエンジン交換できない次戦がどうなることやら、楽しみです。

BGM: GRAND PRIX by T-SQUARE

拍手する

今週の解析。

当ブログのアクセス解析の結果です。
2005年2月26日~3月5日の1週間、つまり「種デス19話」放送後の一週間。
…ということで、こんな結果でした。

【検索ワード上位】
1.機動戦士ガンダムSEED DESTINY (284件)
 …「ガンダムSEED」「ガンダム」なども含みます。
2.ルナマリア (77件)
 …Blog感想では「ステラかわいいよステラ!」の方が強い気もしますが、
  検索ワードでは、ルナマリア様圧勝!
3.Quiet Night C.E.73 (70件)
 …まだまだ続く、新アレンジの衝撃!
4.シャワー (44件)
 …ここ来ても、見えませんから!
5.ミーア (36件)
 …巨乳パワー強し!
6.ゲルズゲー (30件)
 …異形MAパワーも強し!
7.見えない真実 (27件)
 …まともな検索ワードに、ほっとひと息。
7.壁紙 (27件)
 …そんなに欲しいのですか?ここには無いですよ。
9.blog (24件)
 …そう来ますか?私がblogの代表ですか?う~む???
10.安藤美姫 (23件)
 …だいぶ前に一回記事書いただけなのに…この人の人気も凄い!

その他、少数派ながら気になったもの。
「タミフル」…インフルエンザ、まだまだ流行ってます。うちのご近所では死人も出ました。
       みなさん、くれぐれもお大事に。
「エロ」で検索して、ここに来ちゃった人…12人。
「乳揺れ」で検索して、ここに来ちゃった人…9人。
どちらも残念!たぶん期待したものは、ここにはありません。さらに…
「ミーア・キャンベル(巨乳)」…かっこきょにゅうかっことじ、と来たもんだ!そして…
「超乳」…とは、巨乳を越える乳の最大級でしょうか?
「オクレ兄さん」…もはやスティング・オークレーと呼んでくれる人はほとんどいません。
「ギルレイ祭り」…でしたね~。わっしょい!わっしょい!
「マンマミーアとは」…「とは」を付けるのが検索上手と見た…お役に立てましたか?

【リンク元上位】
1. SEEDs
2. ランゲージダイアリー
3. くわしまにあ
4. 機動戦士銃自由種運命
5. 予定は未定
6. Blacky’s Room
7. ガンダムSEED DESTINY感想ブログ - T-station
8. G-FOUR Blog-Stage
9. とことん青春!~種運命と鯉と刻の涙に魅せられて…~
10. ヒネクレモノ-seed世代からみたガンダム-

これは毎週ほぼ同じか…と思ったら、意外と入れ替わりありましたね。
お互いの記事を上げたタイミング、こちらからのトラバ打ったタイミング、
相手先にコメントしたかどうか、などにも影響されている感じです。
何はともあれ、みなさん、いつもありがとうございます。

BGM:ウンジャラゲ by ハナ肇とクレージー・キャッツ

拍手する

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第20話

第20話「PAST」
先週の予告で予想のついたことですが、やはり総集編でした。
しかも「DESTINY」よりも「SEED」の内容が中心でしたね。
時系列的に言えば、「EDITED」の前にやってくれた方が良かった気もしますが、
来週、シンとステラが出会う前に、シン視点の振り返りが必要だったのでしょう。
…毎週祭りでも、こっちの身が持たないですし(笑)。
 ここでひと息入れてくれるとは、なんと奥ゆかしい制作者様(ちょっと皮肉)。

そんな内容でしたので、特に粗筋には触れず、
目新しい点、気になった点をぽつぽつ書きましょうか。

まず全体的には、映像は大半使いまわしでしたが、若干の新カットあり。
また、シンの語りで彼の生い立ちが語られたのは、
ちょっと新鮮さもあり意外と良かったです。

コーディネーターにいじめられていた少年アズラエル。
彼のコーディネーター憎しの原点は、子供時代のいじめだったようです。
…一瞬新カットと思いきや「鳴動の宇宙」のバンクだったんですね。

トダカ一佐、出た~!
1話冒頭でシンを助けた場面が出てましたが、
その後船の中でシンに声をかけたり、
終戦後、シンがプラントに向かう際にも便宜を図っていたんですね。
目の前で、家族を失ったシンを見てしまい、
ついつい世話を焼いてしまったのでしょうか。
…そして、ここでこういう出方をしたことが、今後シンと戦う伏線のようで、
 楽しみというか、心配というか…。

アカデミー時代のルナマリア、スカート長い!
学生の時は校則に従っておとなしくしていたけれど、
「就職しちゃえばこっちのものよ」…と、今のミニスカに?

そしてシンは、オーブ沖でザムザザーに捉まり…種割れ、
敵艦斬りまくりの鬼神モードになったところで、本編おしまい。

ガンプラのCM…「デスティニーガンダム」出ました!
前々から噂にはなっていましたが、こんな所で出しますか!?
本編に目新しいことが少なかったので、その埋め合わせかな?
しかし、あの子はどこで「デスティニーガンダム」を入手したのでしょうか?
もしや、バンダイの工場に忍び込んで盗んだ!?
…とすると、あびる優を越える犯罪芸能人だぁ!?
 数ヶ月先に発売される物を持っていて、しかもそれを見せびらかす…って、
 やはり道徳的にまずいような気がするんですけど→TV局さん。
 それとも「小学生の頃にやったこと」とか言ってごまかしますか?
 成美ちゃんが謹慎処分にならないことを祈ります。

フレッツのCMも新バージョン登場。
「バカにするな」というアスランが、ちょっと可愛い。

次回「さまよう眸」
夢の道、駆け抜けろ!ガイア!…そして「ステラかわいいよステラ!」

シンとステラが海でびしょ濡れ、焚き火で…って、アスラン・カガリ状態ですね。
シンは乳の感触で、あのラッキースケベ事件を思い出すでしょうか?
その他、ミーアの背中、むっとするルナマリア、ハイネ着任…などなど。
来週はまた祭りになるかな?(予告5回も見ちゃったよ)

種っ子倶楽部DESTINY
↑前話までの感想などは、こちらをどうぞ…“SEED DESTINY”ファンサイトです。

BGM: BEYOND THE TIME by TM NETWORK

拍手する

ステラが部屋にやって来た。

ステラたん
↑Voice I-doll ステラ・ルーシェ

「アニメ産業に踊らされ、果てしない物欲の連鎖に巻き込まれるのは、もうやめよう」
そう思っていたはずなんですけど…。
ついうっかり…売り場で見かけて、手に取ってみたのが運のつき。
次の瞬間にはレジに向かってました(苦笑)。

身長約14cm、このサイズにしては造形も良く出来てると思います。
ちょっと残念な点は、スピーカーが小さいせいか、声が少しキンキンした感じなんですよね。
そして何故か、喋らせるボタンが「Emotion」という表示です。
言葉ではなく、感情を吐露しているってことですか???
では、私も感情の吐露を…。

「ステラかわいいよステラ!」

ちなみに、性能を最大限に発揮するためには、この電池が良いと思われます。
ネオ・アルカリ
↑サンヨー・ネオ・アルカリ乾電池…現在入手困難のようです。
次善の策として、ナショナル・ネオ・マンガン乾電池というのもあります。

「私、大丈夫…?大丈夫よね、ステラ…」
いや、もはや、あんまり大丈夫じゃない感じです。
え~い、こうなりゃ祭りじゃぁ~!

「♪ステラ祭りじゃ、わっしょい!わっしょい!」

BGM: 星影のステラ

拍手する

カレンダー
02 | 2005/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

エノモトヒデキ

  • Author:エノモトヒデキ
  • ヒデキです。
    マイブームは埴輪作り。
    ボカロPです。ギター弾きます。木魚叩きます。歌います。写真撮ります。書きます。デザインします。
    そして…あなたをハッピーにします!
記事別拍手ランキング
逆アクセスランキング

関連サイト
【enocci.net】
enocci.net
「エノモトヒデキ」HP。
 
【sweet gallery】
sweet gallery
ポートレート写真サイト。
 
【bitter gallery】
bitter gallery
アート系・実験系写真サイト。