fc2ブログ

「蒼穹のファフナー」第24話

第24話 「対話 ~ミール~」
訳あって…(笑)、24話にして初めて感想書きます。
ファフナーといえば…開始当初、
1.キャラデザが平井さん
2.エヴァに似てる

等々、話題になっていたので、私は3話ぐらいから見始めましたが…。

1.平井キャラのせいで、(見る側が)ガンダムSEEDのイメージから脱しきれない
 当初、アスラン、トール、ミリアリア…などが学芸会でお芝居を演じているようで
 気持ち悪かったものです。
2.エヴァに似てるっていうか…まんまじゃん!
 しかも、オープニング・クレジットには「企画:大月倫俊」
 …って、要するにこれは大月プロデューサーによるリメイク(セルフ・カバー)なのでは?
 …とすると、所詮オリジナルは越えられないだろう。
 …てか、庵野さんがいない分、負けは明らか…。

と、冷ややかに評価しつつも、とりあえず見始めちゃったので惰性で見ていました。
しかもここ数話は、登場人物が次々に自己犠牲で死ぬ(もしくは同化される)
という古典的な(アニメで言えば「さらば宇宙戦艦ヤマト」的な)お涙頂戴ストーリーで、
いい加減見るの止めようかな?という所でした。

このまま最終決戦に向かい、殺伐としたエンディングなのか…と思いきや。
大どんでん返し!…でした。正直、これにはやられました。

真壁紅音さん(に同化したフェストゥム)が、何やら難しいことを語ります。
私の乱暴な理解としては…、
フェストゥムとは仏教で言うところの「色即是空」みたいなものらしいです。
あるいは、土で作ったお茶碗みたいなもの???
でも、ミールっていうのが何なのか、私にはまだわかりません。

フェストゥム同士の戦闘という、ありえない事態
それも、同じ種類の生物でありながら戦争してしまう、人間から学んだことなのでしょうか?
そして、赤鬼・青鬼が島を守ってくれるそうです(ベタなモチーフですが…)。

弓子さんの妊娠。
人はいつかは死ぬものだけれど、また新たな命も生まれる。
「希望」を描くのに、「誕生」というシチュエーションは最適ですよね。
(ゆえに、SEED DESTINYでのカガリ妊娠希望だったり…)

総力を挙げた殲滅戦でもなく、敵討ちでもなく、
「総士の救出」という希望をつかむための戦いに赴く。
私…こういう「思い」を持った出撃シーンに、とっても弱いのでした。
不覚にも感動してしまった。

「もう長くない」と言われた一騎にも、どんでん返し的な救済はあるのでしょうか?
次回、最終話が素直に楽しみになりました。

エヴァはせっかく世界観を作り上げながら、最後ぐだぐだになってしまった訳ですが…。
ファフナーはどんなエンディングを迎えるのでしょうか?
リメイクした価値があったと言えるだけの、納得いく結末を期待したいです。

BGM: 残酷な天使のテーゼ by 高橋洋子
スポンサーサイト



拍手する

カレンダー
11 | 2004/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

エノモトヒデキ

  • Author:エノモトヒデキ
  • 恵の素ヒデキ(エノモトヒデキ)…色モノ系シンガーソングライター、主夫。流転する趣味…ダンス→デザイン→写真→バンド→DTM→土偶・埴輪作り→ギター弾き語り→ピアノ練習中。仏像、鉄道、読書、カーリングなどにも興味あり。
記事別拍手ランキング
逆アクセスランキング

関連サイト
【enocci.net】
enocci.net
「恵の素ヒデキ」HP。
 
【sweet gallery】
sweet gallery
ポートレート写真サイト。
 
【bitter gallery】
bitter gallery
アート系写真サイト。
 
【種っ子倶楽部DESTINY】
種っ子倶楽部DESTINY
ガンダム SEED DESTINY
ファンサイト。