「のだめカンタービレ巴里編」Lecon 11感想。

5話以降は実写とは別の展開もあり、なかなか楽しかった「のだめ巴里編」。
ただ、あっさりサクサク進んでしまうこともあり、
「あー面白かった!」以上のコメントも特に無く、しばらく感想休んでました。

そんな巴里編も、ひとまず今回で終了。
のだめのリサイタルは無事に終わり、今度は千秋の番。

ポンコツだったマルレ・オケは新団員のオーディションを行う。
ソリが合わないと思われた、千秋とコンマスも音楽への情熱は同じ。
新旧団員の温度差などもあったものの、徐々にまとまりを見せ、
公演はどうにか上々の出来となる。

のだめと千秋は海外でひとまずの成功。
そしてさらに上を目指す意気込み!
ルイやターニャなどもそれぞれ思う所ある様子。
周囲も巻き込む、のだめ&千秋のパワーは健在。

一旦ここで区切りとなりつつも、すでに続編の発表もあり、
今後がますます楽しみ!という所ですね。


【関連商品】

その他「のだめカンタービレ」関連グッズはこちら!
スポンサーサイト

拍手する

テーマ : のだめカンタービレ
ジャンル : アニメ・コミック

「のだめカンタービレ 巴里編」Lecon 6 感想。

千秋のオケはポンコツオケ!?

オーケストラの指揮者に就任する千秋。
しかし、偵察に行ってみると…メンバーは足りず、客には見放され…、
それはもうボロボロ状態。

パリにやって来たルイ。
千秋に部屋探しを手伝ってもらおうとするが、
(オケの偵察のため)逃げられる。
代わって、同じアパートの面々がルイの面倒を見ることに…。
なんとなく打ち解けた感じの音楽仲間たち。

一方、千秋はポンコツオケを公演に間に合わせられるのか!?
…と、珍しく引きのある終わり方でした。

先週に引き続き、なかなか楽しく見られました。
サクサク進むテンポに自分が慣れた?
それとも、ドラマ版に無かったエピソードが増えたせい?

苦労しつつも、プロの道を突き進む千秋。
のだめの方も何やら頑張っている様子。
今後の展開も楽しみです。


【関連商品】

その他「のだめカンタービレ」関連グッズはこちら!

拍手する

テーマ : のだめカンタービレ
ジャンル : アニメ・コミック

「のだめカンタービレ 巴里編」Lecon 5 感想。

パリのクリスマス(ノエル)。

千秋。
子供の頃の寂しかった思い出。
近所のおじさんに父のことを語られ、不快感をつのらせる。

一方、のだめはすっかりヨーロッパにもなじみ、
リュカの劇を手伝う(そのまま主役を乗っ取る勢い!)など、
クリスマスを楽しんでいる。

そんなのだめと再会し、
のだめのペースに巻き込まれながらも(むしろそのおかげで)、
前向きに進む決意をする黒木くん。

やっと戻って来たのだめに、別れを切り出す千秋。
のだめに対して厳しくすることで主導権を握ろうとした?
でも、半分は自分の孤独感からヤケになった感じ。

しかし、のだめの逆襲で死にかけ…あえなくギブアップ!
…のだめは、ピアニストよりプロレスラーの方が向いているかも(笑)。

結局のだめに振り回されるしかない千秋くんでありました。


今回は、実写ドラマ版とは違う展開もあり、楽しく見られました。
特に、千秋が子供時代の孤独感を思い出すシーンがあったおかげで、
乱闘シーンがさらに引き立った感じがします。
そして、黒木くんの再起も良い感じに描かれてました。
アニメ版「巴里編」、ここまででベストと言える内容だったと思います。


【関連商品】

その他「のだめカンタービレ」関連グッズはこちら!

拍手する

テーマ : のだめカンタービレ
ジャンル : アニメ・コミック

「のだめカンタービレ 巴里編」Lecon 4 感想。

千秋、ついに「変態の森」の住人になる。

相変わらずハイペースで進む物語。
ドラマ版新春スペシャル(約4時間)の内容を、
アニメ4話(約80分)で大筋やっつけてしまいました。
…まさに3倍速!?

千秋ヨーロッパデビュー!
オーケストラの演奏シーンが動いた!
しかし、妙な動きの3DCGだった!
…止め絵ばかりの日本編でも思ったのですが、
 オケの動きって、普通にアニメは出来ないのでしょうか?

千秋と一緒に過ごす中、なんとなく立ち直ったのだめ。
ここも早いテンポのせいか、先週(落ち込み)との対比は弱いかも。
美術館デートなど、いかにもフランスらしい部分は良かったですね。

あとは、のだめ初リサイタルと、黒木くんがらみのエピソードなど。
そのへんは当然今後入るとして…。
その他、ドラマ編に入らなかったエピソードが出るのを期待してます。

【関連商品】

その他「のだめカンタービレ」関連グッズはこちら!

拍手する

テーマ : のだめカンタービレ
ジャンル : アニメ・コミック

「のだめカンタービレ 巴里編」Lecon 3 感想。

のだめに訪れた挫折。
ルイに対抗心を燃やし、難曲を弾いてみせるのだめ。
しかし、オクレール先生の評はボロボロ。

ドラマ版では日本だった場面(千秋のデビュー)が中国でした。
ドラマはロケの都合や、日本の役者の出番を作る都合があったと思いますし、
こちらの方が原作に忠実なのでしょう。

それは良いとしても…。
相変わらず、テンポ早い早い!
「そこ!もっとタメて!」と叫びたくなるぐらい。

特に気になったのは、ルイの演奏を見たのだめが「超絶技巧」の練習する場面。
ドラマではのだめがボロボロになるまで…の描写があったはずですが、
アニメでは千秋&ルイのBGMにされちゃってました。

あそこは、のだめが必死で練習した状況があってこそ、
オクレール先生のコメントで落とされる所が活きると思うんですけどね。

それ以外でも、全体的に演奏シーンが少ない気がしますね。
確かに「日本編」では演奏がやや冗長に感じられる場面もありましたが、
「巴里編」は逆に切り過ぎの感じです。
もうちょっとバランス良くやっていただけると良いのですが…。

【関連商品】

その他「のだめカンタービレ」関連グッズはこちら!

拍手する

テーマ : のだめカンタービレ
ジャンル : アニメ・コミック

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
プロフィール

エノモトヒデキ

  • Author:エノモトヒデキ
  • ヒデキです。
    マイブームは埴輪作り。
    ボカロPです。ギター弾きます。木魚叩きます。歌います。写真撮ります。書きます。デザインします。
    そして…あなたをハッピーにします!
記事別拍手ランキング
逆アクセスランキング

関連サイト
【enocci.net】
enocci.net
「エノモトヒデキ」HP。
 
【sweet gallery】
sweet gallery
ポートレート写真サイト。
 
【bitter gallery】
bitter gallery
アート系・実験系写真サイト。